見出し画像

自分は、意外と自分のことを知らないのかもしれない

しほ

最近、自分の知らない一面を発見しました。



先月、
「気分転換に出かけよう〜」
と思い立ち、そのままレンタカーを借りて
1人で佐賀まで行ったんです。

この話を同期や上司にしたら、
「行動力あるね〜!」って言われました😳

行動力あるんですかね?😂

自分は全然行動力ない、と
思っていたので、
「行動力あるね」って言われて、びっくりしました。

こう言われた時、
自分が思っている「自分」と
周りから見えている「自分」って
差があるんだな〜
と思いました。

そんな自分もいるんだな〜と
新しい自分を発見したような不思議な感じです。笑

自分のことって、
自分が1番わかっているようで
意外とわかっていないのかもしれません。

でも、この”自分を知る”ことって
本当に大切らしくて、実際に

『自分のことをよく知っている人ほど
判断力やコミュニケーション力、
仕事のパフォーマンスが優れている』

という研究結果もあるみたいです。

自分のことを知るためには
主観的な観点だけでなく、
客観的な視点も必要になります。

もう少し詳しく言うと、

  • 自分で自分のことをどう思っているのか?

  • 自分は周りからどう思われているのか?

この2つの視点から
自分のことを知ることが
重要なんだそう。

自分が思う「自分」も
周りから見えている「自分」も
全部自分です。

でも、だからこそ、
自分だけで自分のことを知るのは
実は難しい、というか無理で、

自分はどんな人なのか
他の人の視点から教えてもらうこと

本当の意味で自分を知るために
必要なんだな、と思いました。

自分のことって
自分じゃ意外とわかってないな〜と
今回思ったので、

自分はどんな人なのか?
自分は周りからどう見えているか?

などなど、
積極的に周りの人に聞いて、
自分のことをもっと知りたいな、
と思います☺︎



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!