見出し画像

ベルリンで緊急入院・手術してみた。- ドイツ一般病院ハック編 (2)

ベルリンで緊急入院・手術してみた。- 病気発症編 (1)のつづき。

無事、待ってでも診てもらえることに。

ドイツの健康保険証を出し、症状説明を記述する紙を渡され、記入し、ロビーで待ちました。

症状説明を記述する紙は、病院によっては英語の紙があります。

これまで私が行った病院は、すべて英語が用意されていました。

なので、ドイツ語でなくとも英語で記入OKです。

聞かれることは、だいたい日本の病院で書くものと同じです。

↑これは産婦人科に行った時に書いた紙。

今回は、キモすぎて記入用紙を撮影してなかったのであしからず。

一般病院だと、いつから症状があるのか?、どこが痛いのか?、どれくらいの痛みか?、熱はあるのか?今飲んでいる薬は?他にかかっている病院はあるか?などです。

基本的な英語さえわかる人であれば、書いてある内容は理解できると思います。

たまにマニアックな医学単語が出てくることがあるんですが、そんな時はGoogle翻訳というテクノロジーに頼ってください。


ここ、必見!!ドイツ病院のハックポイント!!

この続きをみるには

この続き: 1,379文字 / 画像1枚

ベルリンで緊急入院・手術してみた。- ドイツ一般病院ハック編 (2)

ベルリンのしょこたん

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

しょうこ食堂でおいしいごはんをゲストに食べてもらったり、Spiciiを届けるためにいろんなとこへ行ったり、ベルリンでサバイブする資金にします。

わたしも
16
ベルリン在住、フリーランス・ノマド・インタラクション/UX/UIデザイナー。Spicii chocolate CEO。しょうこ食堂。 多摩美卒業後、デンマークCIIDへ留学。日本で3年働いた後、ベルリンへ。Macを持ってサービス、アプリ、食をデザインしながら、地球をウロウロ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。