見出し画像

子どもでも、親でもない。大人という状態とは?

Choco

カナダ出身の精神科医、エリックバーンによって開発された「交流分析」という心理学です。

3つの自我状態(自分の在り方)がだれの中にでもあるとエリックバーンは唱えています。

  • Parents(親)である自分

  • Child(子ども)である自分

  • Adult(大人)である自分

    自分は
    親でもあり、
    子どもでもあり、
    大人でもある。

    ということです。

Parents(親)である自分とはどのような存在か


過去に自分が親から受けたことが大きく影響しています。
親から教わってきて、正しいと信じているルールや常識、偏見などを子どもにも伝えようとしている状態です。

Child(子ども)である自分とはどのような存在か


わがまま、自分の思いや気持ちを聞いてほしい。
親の言うことを従順に聞くところ、精神的にも社会的にも自立が出来ていない状態です。

Adult(大人)である自分とはどのような存在か


これが一番理想的な存在です。
社会で自立した人の大人として、対等に人と接することができます。
経験が子どもよりは多いけど、それを押し付ける訳でもなく、対等な立場でコミュニケーションを取ることができる状態です。

Parents(親)であることも、Child(子ども)であることのメリットもあります。
Parents(親)であることは
人生の先輩として知恵を子どもに教えてあげることができる。

Child(子ども)であることは
創造性や好奇心を持つことができる。

子どもであることで、創造性を持った遊びが子どもとできるし一緒に楽しむことができる。

Parentsの知恵があることで子どもへの意図を持った質問ができたり、効果的なベストなタイミングを図ることもできる。

そこにAdultを持って人間対人間の対等な会話ができたら、子どもにも大人にもとても居心地の良い関係になるはず。

この3つの状態を知っていることで今の自分はどの状態なのか、俯瞰して見ることができます。



エリックバーンの交流分析を勉強して私の中でとても腑に落ちて、実践してみたいと思ったことが1つありました。

子どもの頃の私は親にどのように言ってほしかったのか。

を自分の子どもとの会話に取り込んでみること。


特に、子どもがわがままになって周りを困らせている時や、親の助言を聞こうとしない時。

子どもの頃の私なら、どのような言葉を待っていたのかを考えるようにしました。

もちろん子どもと私も別の人なので同じ言葉を待っているとは限らないですが、そうやって少し考えることで、俯瞰して見ることができ、少なくともParents(親)の思考からは離れられることができるからです。

次回は実践の結果を書いていきたいと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Choco
子どもの感性を活かしてこれからの社会を自分の力で生き抜けるスキルを身につけてほしい。 子ども向けのアトリエを開く夢を実現するために自分のための記録として記事をあげて行きたいと思います。