見出し画像

【MiddleFieldってどんな会社?】第1回、MF創世記。

はじめまして!

「モタガレ」を運営するMiddleField株式会社で広報担当をしています、松田 昇子(マツダ ショウコ)と申します。

皆さんに「モタガレってどんな会社がやってるの?」ということを知っていただき、少しでも身近に感じて欲しい!

そして、クルマの魅力を発信し、世界中にクルマ好きを増やしたい!!

そんな思いでこのnoteを更新しています。

第1回は、MiddleFieidの誕生秘話をご紹介!創業者2人の意外過ぎる出会いとは?!ぜひ最後までご覧ください!

MiddleField誕生秘話

MiddleField株式会社(以下、MF)は、クルマ好きの創業者2人が立ち上げた会社です。

1人はCEOである中山 翔太(ナカヤマ ショウタ)。※トップ画像の左の人です。

以前はアフターパーツメーカーである株式会社SARDが運営するレーシングチーム、”LEXUS TEAM SARD”に所属。

スポンサー営業やグッズ販売など、チーム運営業務に携わっていました。

中山がレースに関わる中で思うようになったのが、「この業界、色んな課題を抱えてるな」ということ。

若者のクルマ離れ、業界の高齢化による労働人口の減少、IT化の遅れ…

それらをどうにかして解決できないかと、起業を考えるようになりました。

そして創業者のもう1人は、COOである片岡 伶介(カタオカ リョウスケ)。※トップ画像の右の人です。

片岡は、自動車メーカーであるスバルで、クルマの開発エンジニアとして働いていました。

中山と同じく、モータースポーツも大好きだった片岡は、"クルマで遊ぶ"ために独立。

一度自動車業界から離れてコンサル業をしながらも「やっぱりクルマの仕事がしたい!」と考えていました。

そんな2人の出会いはなんと、Facebookのクルマ好きコミュニティ。

新しいモータースポーツを作りたい中山と、新しいクルマを作りたい片岡。

某海鮮居酒屋で「じゃあ、片岡が作った新しいクルマで新しいレースをしたらいいんじゃね?」と超盛り上がり、意気投合したそうです(笑)

こうしてできたのが、MiddleField株式会社。

社名には、"すべてをつなぐべき中間者になりたい"という意味が込められています。

画像1

↑出会った頃の中山&片岡。

メディアから始めた理由って?


そして始まった最初のサービスが、WEBメディア「Motorz」です。

Motorz → https://motorz.jp/

なぜECからではなく、メディアから始めたのか?そこにはある理由がありました。

一番は業界の人たちと仲良くなることができるということ。

私たちが事業を行っている自動車業界は歴史が長く、とても伝統的な産業。

そこにいきなり、「業界に革命を起こします!パーツを売らせてください!」と飛び込んだところで、そう簡単にOKはもらえない。

そのことを、自動車業界で長年働いてきた中山と片岡は分かっていました。

だからこそ、いきなりECではなくメディアからスタートさせたんです。

結果としてこの戦略が成功!

メディアを頑張ったおかげで業界の人達から信頼を得ることができ、そこから初期構想にあったカー用品専門のECサイト「モタガレ」へとスムーズに発展することができました。

あとがき

という訳で今回は、MiddleField株式会社の誕生秘話をお届けしました。

個人的には、中山と片岡が海鮮居酒屋で子供みたいに盛り上がった!というエピソードが大好きです(笑)

大人になっても子どもみたいにはしゃげてしまうくらい、大好きなものがあるって良いですよね。

このnoteのタイトルは「クルマノハジメカタ」。

クルマの魅力をまだ知らない!というあなたにも、クルマを好きになっていただけるようなコンテンツをどんどん発信していきますよ!

ここまでお読みいただきありがとうございました!次回もお楽しみに!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6
MiddleField Inc. 広報担当
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。