SHOCK TUCK // by riho matsumaru

食をはじめとする日常的な要素を通じた、循環型社会をco-designするためのコミュニティづくり。過去のnoteでは、国内外の「食で社会をちょっと良くする」事例を紹介しています。 Instagram: @shocktuck|@rihomarudaizu

肩書きと、人間全体として生きるということ

大学を卒業してから1年。大学時代と変わらず、自分がやりたいことを仕事にして取り組んでいるが、ここ1年は自己紹介がとても苦手に感じられた。 今年の抱負を「自己紹介を…

Tokyo Urban Farming始動!アーバンファーミングを通してデザインする、リジェネラティブな都市生活

「Tokyoを食べられる森にしよう/Re-generative lifedesign in cities」というスローガンのもと、農を中心とした都市の持続可能な生活文化を創造・発信していくオープンプ…

【SHOCK TUCKのこれから】食の分野にとどまらない、循環のco-designへ

こんにちは、SHOCK TUCK(しょっくたっく)のりほまるです。 前回の更新からすっかり日が経ってしまいましたが、そんな間も過去の記事を読んで「スキ」やフォローをくださ…

土でつながる、新しい都会のコミュニティ。表参道の「1.2 mile community compost」

外出自粛生活で家で過ごす時間が増え、毎日の暮らし方を見直したという人も多いのではないでしょうか? 特に近頃、私の周りでよく耳にするのは「コンポスト」の話題です。 …

「見えないを見る」を終えて:日本民藝館 古屋真弓さん

2020年2月に、当時在学していた国際基督教大学で開催したイベント「見えないを見る〜衣・食・住・エネルギーから探る、これからの暮らし」。イベント後に参加者から寄せら…

「見えないを見る」を終えて: Ome Farm 太田太さん

2020年2月に、当時在学していた国際基督教大学で開催したイベント「見えないを見る〜衣・食・住・エネルギーから探る、これからの暮らし」。イベント後に参加者から寄せら…