晶文社

東京・神保町にある、文学・芸術を中心とした書籍と各種学校案内書を発行する出版社です。犀🦏のマークが目印です。

晶文社

東京・神保町にある、文学・芸術を中心とした書籍と各種学校案内書を発行する出版社です。犀🦏のマークが目印です。

    マガジン

    • 新刊・既刊・パブ情報

      新刊・既刊をとわず、書評や紹介の情報をアップします。

    • 立ち読み・試し読み

      本のまえがき・あとがき・ぬきがき、イベントレポートやインタビュー記事など、ちょっと立ち止まって読んでみてください。

    • 障害とパートナーシップ会議(石田月美×鈴木大介)

      数々の精神障害を抱え死にたくなるような苦しい日々から、婚活を機にサバイブした体験を描いた『ウツ婚』の著者・石田月美さんと、発達障害特性を持つ妻vs高次脳機能障害となった元モラハラ夫による家庭生活改善マニュアル『発達系女子とモラハラ男』の著者・鈴木大介さんが、障害当事者とそのパートナーのよりよい関係を模索すべく、連続対話を企画しました。

    • マイ・スクラップブック

      スクラップとは、断片、かけら、そして新聞や雑誌の切り抜きのこと。われらが植草甚一さんも、自分の好きなものを集めて、膨大なスクラップ・ブックを作っていました。 ここでは、多彩な魅力をはなつ書き手たちのスクラップブック──つまり、自身がこころから興味・関心を寄せるモノ・コトについて書いたエッセイ──をご披露いただきます。(編集部)

    • 書店様向け情報

      「この新刊は、こういう棚で平積みされてます」「刊行したのは前だけど、こんなきっかけで再ブームに」などなど。営業担当だからできる、晶文社本の総合案内。

    記事一覧

    vol.6 最恐怪談「牛の首」に隠された秘密――吉田悠軌の異類捜索記

    ■最恐怪談を求めて この世でいちばん怖ろしい怪談とはなんだろう?    オカルト好きなら、一度は考えたことのあるテーマだろう。そしてこの話題になるたび、必ず持ち…

    晶文社
    1年前

    ボスフォラスの夜空に新月は輝く──『俺の妹がカリフなわけがない!』スピンオフ 中田考

    前代未聞のカリフライトノベル『俺の妹がカリフなわけがない!』でラノベ作家として鮮烈なデビューを飾った中田考さん。早くもそのスピンオフ作品が出来上がりました。「ア…

    晶文社
    1年前

    第5回 1本の木の価値を高める方法

    丸太はどのように取引されているのか  森林組合や林業会社等の伐採業者が山から伐採・搬出した丸太は、製材会社やベニヤ板工場等の加工業者が求めています。取引は伐採業…

    晶文社
    1年前

    記憶の曖昧さ経験のおぼつかなさ| 三好愛×畑中章宏 『ざらざらをさわる』『五輪と万博 開発の夢、翻弄の歴史』 刊行記念トーク…

    三好愛さん『ざらざらをさわる』(晶文社)、畑中章宏さん『五輪と万博 開発の夢、翻弄の歴史』(春秋社)の刊行を記念し、下北沢の本屋B&Bでトークイベントが開催されま…

    晶文社
    1年前

    中田考+飯山陽『イスラームの論理と倫理』YouTube【開封動画】

    晶文社YouTubeチャンネルの【開封動画】、どんどん行きます、第3弾! 今回は、中田考さんと飯山陽さんの『イスラームの論理と倫理』です。 著者は、男性・イスラーム法学…

    晶文社
    1年前

    文章を書くことは基本ひとりごと| 三好愛×畑中章宏 『ざらざらをさわる』『五輪と万博 開発の夢、翻弄の歴史』 刊行記念トーク…

    三好愛さん『ざらざらをさわる』(晶文社)、畑中章宏さん『五輪と万博 開発の夢、翻弄の歴史』(春秋社)の刊行を記念し、下北沢の本屋B&Bでトークイベントが開催されま…

    晶文社
    1年前
    vol.6 最恐怪談「牛の首」に隠された秘密――吉田悠軌の異類捜索記

    vol.6 最恐怪談「牛の首」に隠された秘密――吉田悠軌の異類捜索記

    ■最恐怪談を求めて この世でいちばん怖ろしい怪談とはなんだろう?
     
     オカルト好きなら、一度は考えたことのあるテーマだろう。そしてこの話題になるたび、必ず持ち出されるタイトルが、ひとつ。
    「牛の首」である。
     ただし「牛の首」という怪談が、いったいどんな話なのかは、誰も知らない。知らないのだが、とにかく最も怖ろしい話なのだということだけが、皆に伝わっている。
     それはあまりに怖ろしい話な

    もっとみる
    ボスフォラスの夜空に新月は輝く──『俺の妹がカリフなわけがない!』スピンオフ 中田考

    ボスフォラスの夜空に新月は輝く──『俺の妹がカリフなわけがない!』スピンオフ 中田考

    前代未聞のカリフライトノベル『俺の妹がカリフなわけがない!』でラノベ作家として鮮烈なデビューを飾った中田考さん。早くもそのスピンオフ作品が出来上がりました。「アヤソフィア問題について、トルコの現エルドアン政権の新オスマン主義の文脈での唯一無二の解説」ともなっているこの作品。「俺カリ」を読まれた方も、未読の方もぜひお楽しみください。

    1.プロローグ 「先生、今日のバクラバはなんだかいつものより美味

    もっとみる
    第5回 1本の木の価値を高める方法

    第5回 1本の木の価値を高める方法

    丸太はどのように取引されているのか
     森林組合や林業会社等の伐採業者が山から伐採・搬出した丸太は、製材会社やベニヤ板工場等の加工業者が求めています。取引は伐採業者と加工業者の直接売買によって行われる場合もありますが、一般的には丸太は木材専門の市場を通して取引されています。丸太市場では丸太を大きさや品質ごとに選別してくれるので、伐採業者(売り手)は山で選別をする必要がなくなりますし、加工業者(買い手

    もっとみる
    記憶の曖昧さ経験のおぼつかなさ| 三好愛×畑中章宏 『ざらざらをさわる』『五輪と万博 開発の夢、翻弄の歴史』 刊行記念トーク(後編)

    記憶の曖昧さ経験のおぼつかなさ| 三好愛×畑中章宏 『ざらざらをさわる』『五輪と万博 開発の夢、翻弄の歴史』 刊行記念トーク(後編)

    三好愛さん『ざらざらをさわる』(晶文社)、畑中章宏さん『五輪と万博 開発の夢、翻弄の歴史』(春秋社)の刊行を記念し、下北沢の本屋B&Bでトークイベントが開催されました。その中から一部抜粋し、前編と後編に分けて晶文社noteで公開します。
    後半は三好さんの描く不思議な生き物たちの出自とは?、畑中さんの著書『五輪と万博』について、そしてイベントタイトルになった「記憶の曖昧さ経験のおぼづかなさ」について

    もっとみる
    中田考+飯山陽『イスラームの論理と倫理』YouTube【開封動画】

    中田考+飯山陽『イスラームの論理と倫理』YouTube【開封動画】

    晶文社YouTubeチャンネルの【開封動画】、どんどん行きます、第3弾!
    今回は、中田考さんと飯山陽さんの『イスラームの論理と倫理』です。

    著者は、男性・イスラーム法学者にしてイスラム教徒の中田考さん、そして女性・イスラム思想研究者にして非イスラム教徒の飯山陽さん。
    ISやトルコ・クルド問題、アフガニスタン中村哲氏殺害事件など、一つひとつのトピックをめぐって、異なる立場からそれぞれの考えを論じた

    もっとみる
    文章を書くことは基本ひとりごと| 三好愛×畑中章宏 『ざらざらをさわる』『五輪と万博 開発の夢、翻弄の歴史』 刊行記念トーク(前編)

    文章を書くことは基本ひとりごと| 三好愛×畑中章宏 『ざらざらをさわる』『五輪と万博 開発の夢、翻弄の歴史』 刊行記念トーク(前編)

    三好愛さん『ざらざらをさわる』(晶文社)、畑中章宏さん『五輪と万博 開発の夢、翻弄の歴史』(春秋社)の刊行を記念し、下北沢の本屋B&Bでトークイベントが開催されました。その中から一部抜粋し、前編と後編に分けて晶文社noteで公開していきます。
    前半は三好さんと畑中さんを結んだ「諺のなかの子どもたち」、三好さんがはじめて装画を担当した『どもる体』について、そして三好さん初の著書『ざらざらをさわる』の

    もっとみる