見出し画像

春の淡い空に

僕がTechbookという名前を掲げて会社をつくり、何をどのようにして過ごしてきたのか。

連綿と続く毎日で、時に何かに押し潰されそうになりながら、息継ぎをやめずに生きてきたのか。

何らかの形にする時機なのかもしれない。文章にするのか、音声にするのか、まだ決めかねているけど。

ところで、人は過去をどのように規定するのだろうか。

僕は「過去」という、あるようでないものを規定するのは、「いま」の認識だと思う。つまり、「過去はこうだった」とすることで、初めて過去という幻のようなものが立ち昇る。

そう考えると、過去を形作るのは「いま」だ。

僕は文章なり音声にすることで、僕自身の過去を形作ろうとしている。

決して美化しようとは思わない。できるだけ淡々と表現できればいい。

報われなかった思念や妄想の類をなるべく丁寧に取り上げて、春の淡い空に放ってしまいたい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ありがとうございます!好きな本を買うか、旅に出ます。

ラッキーカラーはオレンジです!
Techbook Inc.(コンテンツ戦略立案など) & スムージーブランドAuna(https://auna.asia/ ) 代表 ←Onestar←CCC(代官山蔦屋書店Anjin)/ 関心ごとは東洋的なウェルビーイング。

この記事が入っているマガジン

ZAREごと
ZAREごと
  • 18本

日々の戯言。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。