見出し画像

おやすみなさいの前に

 いつもよりも1時間遅く帰宅するだけで、なにもかもができなくなってしまう、ただ、ものを食べて、シャワーを浴びて、寝るだけの、この環境にうんざりとしながら、せめてもの抵抗をしようと、PCの電源を入れた。

 今日は特に書くことは決めていなかったけど、なんとなく、noteを開く。ホームに表示されるのは、好きな人たちの、新しい記事。

 毎日更新する人もいる。できる日だけする人もいる。きっと、やりたいように、やればいいのだなと思う。自分に根気があれば、毎日、時間を決めて、何か書けたらと思うのだけれど。怠けの虫が、いつ首を出すやら、多分私は、しなければならないと思えば思うほど、できないんだろうなと。自分に強制すると、途端に、苦痛になって、noteを開くのも、嫌になるんじゃないかと。

 だからやっぱり、書きたい時に、書けばいいのかなと、みんなのnoteを読みながら思う。

 何かを成したいと思う。残したいと、残りたいと思うし、何者かになれればいいと思う。けれど実際に、私は、何かを成せるとは、露ほども思えないし、それだけの努力もしていないのだから当然のことで、noteの中でも、それは同じことで。

 だけれど、今は生きるために、生き延びていくために、noteの片隅に、そっと、自分の存在を、留めておければいいなと。ツイッターの端っこの方で、言葉を、書き残せればいいなと、そう思う。

 そして、貴方が見つけてくれたなら、いいなと。

 ささやかに、願いながら、眠りにつくのでした。



 文筆乱れてお目汚し、失礼致しました。

 本城 雫

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつも見ていてくださって、ありがとうございます。 役に立つようなものは何もありませんが、自分の言葉が、響いてくれたらいいなと、これからも書いていきます。 生きていけるかな。

燃料、頂戴致しました。本当に本当に嬉しいです。
16
書きたいものを書くように。 書きたいと思った気持ちを大事にしたいです。 あわよくば、誰かの心に響きたい。 主に雑記と詩を書いていきます。写真もたまに。 140字内はtwitterで。詩がメインです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。