見出し画像

【金陰土陽の年】2021年地震活動予測!要注意の大地震とは!?

2020年は世界的な感染症の流行によって、様々な生活様式・文化の変化が余儀なくされました。

諸外国と比較すると日本では感染症による被害が小さく抑えられている状況(2020年12月時点)です。

しかし、日本は世界的に見ても自然環境の多様性に富んだ地域であると共に様々な自然現象(地震、台風、降雪など)が存在するエリア。

感染症の流行下にて自然災害が発生した場合、被害も多様性を持つことが想定されます。

2021年は「新型感染症の流行下での自然災害対策(防災)」が求められる年に。

2021年辛丑(かのとうし)の「年間地震活動予測」「各種自然現象の特徴と傾向」を綴ってみたいと思います。2021年の防災対策のご参考としていただけますと幸いです。


「2020年の地震活動・火山活動」の回顧

画像1

2021年の地震活動予測&特性を語る前に、まずは「2020年の地震活動・火山活動」を振り返ってみたいと思います。

2020年は「金陰・火陰」環境という少々特殊な自然環境年となりました。「金陰・火陰」の自然エネルギー構成は「マグマエネルギー」の特性を有する要素。

度々話題となったように年間通じて「火山活動(噴火)」が活発な年となりました。小笠原諸島南端の「西ノ島(東京都)」では大規模な噴火活動が継続。西ノ島の面積が拡大し続けています。

地震活動においては、下記表のように「M6以上の規模の地震」が「8回」、大規模地震(M7以上)が「1回」発生しています。

2020年地震発生回数(M6以上)-3

2019年はM6以上の地震発生数が「3回」だったことと比較すると想定通り、2020年は地震活動が活発な年となったと判断しています。

大規模地震が発生していますが、深発系地震でしたので本格的な被害(社会的・人的被害)を生じる地震はありませんでした。


2021年はどんな自然環境の年となるのか?

画像3

2021年は「金陰エネルギー+土陽エネルギー」という構成の自然環境となるものと推測しています。シンプルな自然エネルギー環境ではなく、2020年に引き続き少々特殊な自然環境に。

ただ同じ特殊な自然環境といっても「2020年」と「2021年」ではその内容(自然エネルギー特性)が全く異なります。

基本原則として「金エネルギー」と「土エネルギー」は相反関係の自然エネルギー。「金エネルギー」は「土エネルギー」を弱める作用を有する反面、「土エネルギー」も「金エネルギー」を弱める作用を有しています。

自然エネルギーの関係性は奥が深い要素ですので、ここでは詳細な内容は割愛させていただきますが、自然現象の特性(傾向)に限定した結果を先に述べると・・。

●大規模地震(M7以上)の発生確率が高い自然環境
●土砂崩れが発生しやすい自然環境

ということに。

そう・・2021年は昨年(2020年)よりも大規模地震(M7以上)が発生しやすい年となるものと推測されます。

そんな2021年の地震活動傾向に関して「2021年に要注意な地震活動予測」を中心に下記内容(構成)にて具体的な内容(検証結果・予測)を語っています。

2021年を心地よく過ごしていくためのご参考としていだたけますと幸いです。


***本文記事構成(目次)

第一章 「金陰エネルギー+土陽エネルギー」環境の特性
1)「金陰エネルギー+土陽エネルギー」の作用とは!?
2)「社会環境」への影響(社会動向予測)
3)「人(心身)」への影響
4)「自然現象」の傾向(自然現象動向)

第二章 2021年「地震活動」の特徴と傾向
1)誘発されやすい地震活動種類とは!?
2)大規模地震が発生しやすい月とは!?(地震活動の周期予測)
3)2021年に要注意な大規模地震予測(観察対象)

第三章 2021年に要注意の自然現象「土砂崩れ」
1)地震と土砂崩れの関係性

まとめ

***


この続きをみるには

この続き: 6,306文字 / 画像15枚

【金陰土陽の年】2021年地震活動予測!要注意の大地震とは!?

poppo

2,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

「自然民族占い」を各種SNSにて拡散いただけると嬉しいです。ツイッターのフォローもよろしくお願いいたします。

ありがとうございます!
”自然との共生”を人生のテーマとしています。そんな取り組みの中から誕生したのが「自然民族占い」。自然と仲良くする(運気)ための道しるべとしていただけると幸いです。 「自然民族占い」の基本情報&運気・開運情報などは、ブログ(https://運気.tokyo/) をご参照ください。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。