明日はすんなり事は進むのか。はたまた沼にハマるのか。
見出し画像

明日はすんなり事は進むのか。はたまた沼にハマるのか。

伊藤孝 |シロクロ製靴(奈良の小さな靴製作所)

連日のパターン修正沼より
抜け出し、
本番の革を用いて
サンプル製作。

パターン作成時の
革とは違うため、
調整程度の修正は
入りましたが、

修正後のパターンで
作り直した靴の
デザインは満足の出来映え。

アトリエシューズに比べ
フィット感、ホールド感の
違いも分かりやすい。

スタッフシューズの
上物はひとまず完成。

明日は、これに
底周りを合体させます。

元々、
アトリエシューズと
スタッフシューズの
大きな違いは底周り。

紆余曲折ありましたが
ようやく、
底周りの仕様を試せます。

"よし、これでいこう"と
すんなり事は進むのか、

"こんな仕様はどうだろう?"
はたまた、沼にハマるのか。

明日の天気とともに
気になります。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
バンザ〜イ。
伊藤孝 |シロクロ製靴(奈良の小さな靴製作所)
シロクロ製靴(しろくろせいか)は大仏さまのお膝元、奈良「きたまち」の小さな靴製作所。『暮らしになじむ、普段の靴』をモットーにシンプルな革靴を作っています。製靴、スニーカー工場、靴学校講師を経て2014年独立。家では愛猫の給太郎とたわむれる日々。