[GBAレトロゲームクリア日記] モンスターガーディアンズ
見出し画像

[GBAレトロゲームクリア日記] モンスターガーディアンズ

きんちょーる

[ご挨拶]
ポケモンダイヤモンドパールのリメイク??
どうも、ポケモンはつい最近までエメラルドを病室で満喫していましたきんちょーるです。

さて今回はGBA最初期に発売された
『モンスターガーディアンズ』をクリアしました。
読みにくいですが下記にソフトの情報や感想を書いていくので暇つぶしや何かの参考にしていただけると嬉しいです。
⚠︎一番下にはネタバレあります

[プレイ当時について]
プレイ開始時は退院間近だったので症状はかなり落ち着いており、後はお尻の膿が再発しないことを祈りながら過ごしていました。
ついでに退院後すぐにゲームボーイミクロのフェイスプレートを黒に変えました。

他にも様々なソフトについて書いているので
暇な時に見ていただけると嬉しいです。


[タイトル]モンスターガーディアンズ
[ジャンル]モンスター育成放置系RPG
[発売日]2001年3月21日

【評価】★1〜5で評価します

[総合点]★★★★
[ストーリー]★★★
[オリジナリティ]★★★★
[ドット:グラフィック]★★★★
[音楽]★★
[やり込み要素]★
[難易度]★
[クリア時間]6〜10時間

[ストーリーについて]

神のいない世界に繁栄などは無い

なんだか壮大で意味深な言葉から始まる本編
ストーリーとしては昔に伝説のポケモン的なドラゴン2匹(神)が争った結果…
世界は荒廃してしまう。

そんな世界観の中、王子である主人公の国に敵が攻め込み王様であるウィンスロー(父親)が死にます
そこに謎の仙人クリムトから魔獣使いの杖を受け継ぎ、{親の仇を討つ!}というとても王道な始まり方をします。
しかしありきたりなストーリーかなぁと思い進めていくと、まさかの展開で急に超バッドエンドとなります。

[ゲームシステムについて]

お世辞にも賢いとは言えないモンスター(AI)に指示を出して箱庭型ステージを戦うRPGとRTSの中間のような独特なシステムです。↓

画像1

Aボタン:命令の選択
Bボタン:早送り
LRボタン:特に無し
START:ポーズ
SELECT:特に無し

このシンプルさ、潔よくて好きです。

・基本Aボタンで(たたかえ)(にげろ)(捕獲)等をチーム全体またはモンスター単体に自分の命令ポイントを使い命令して戦います。
⚠︎命令をしなくても勝手に戦ってくれます
・命令ポイントは各モンスターのステータスに割り振ることもでき、命令できなくなる代わりにステータスをとことん上げるというプレイができます。
・ここまでくると戦闘開始からは放置でも十分です、Bボタンを押すと少し早送りできるので楽ですがこれを楽しいと思うかは人次第と思います。

画像2

↑ついでに[ほんきょち]と呼ばれるメインメニューはこんな感じ、セーブ等はここで行います
・モンスターを捕獲し、合成していくことで数十種類のモンスターを生み出すことが可能です。
というかここがキモですね、ドラクエモンスターズ等にはさすがに大きく劣りますが…

[総評]

入院中に始めましたが、片手でプレイできるうえ戦闘は放置でOKなのでプレイはすごく楽です。
他に何かしながらプレイに最適なのでGBAに興味ある人は一度遊んでみるのもアリかと思います。
アプリゲームを先取りしすぎたゲーム、というところでしょうか。

・ドットの綺麗さ、レベル上げもストーリーもサクサク進めとても私好みなゲームでした。
・フルプライスで当時買って内容がこれだと少しショックだったかと思います笑
・ステージは全部で31、やり込み要素も50種程のモンスター収集しかないのでポケモン程ずっと遊べるというわけではありません。

[ED画面]

画像3

画像4

画像5

[ネタバレ]

内容が多少違うかも…

実は主人公、世界を荒廃させた伝説のポケモン的なドラゴン神のうち1匹と伝説のモンスター使いを合成した半人半モンスターという歪な存在
ついでにラスボスはもう1匹と別のモンスター使いを合成した同じ存在(気性は荒い)
まぁドラクエモンスターズJでいうところの
[ガルマッゾ]に近い存在ですね。

お互い死にかけていたとはいえ、そんなコンプライアンス的にアウトな合成した張本人こそ
はじめに主人公に魔獣使いの杖をくれた仙人ことクリムト。

結果、主人公は無理矢理合成された影響で自身の記憶を無くし、潜在的に伝説のドラゴンの記憶だけ受け継いだ上で容姿は子供になってしまいました。

幼児化し記憶を無くした影響で気づきませんでしたが、父親と思っていたウィンスローは実は弟でした。(事情を知っていて育ててくれたウィンスローは聖人ですね)

そして冒頭からラスボスに殺されたとばかり思っていた弟ウィンスローですが、持っていた魔獣使いの杖に恨みがある?内なる合成元のドラゴンが主人公の主人格となってラスボスが攻め込んできた際に主人公が自らの手で殺します

ラスボスを倒した後、主人公は上記全てのことを思い出し、燃え崩れるラスボスの城に残る主人公

結果、自身の罪に気づき自ら死を選びます
そしてEDへ…

まさかのバッドエンドでした
(分岐EDはありません)

画像6

画像7

画像8

コメントやフォローもお待ちしています

次回もお楽しみに

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
貴重なスキをありがとうございます!
きんちょーる
甘党で潰瘍性大腸炎な社会人 趣味:GBA(ゲームボーイアドバンス )ゲームとゲームボーイミクロとバイクとハンドメイド アメリカに半年いたので英語喋れます シェア等お気軽に Twitter始めました 3年で合計4ヶ月半の長期入院 病気の話かGBAゲームについて投稿します