SaaSオンボーディング外注時代?(前半)
見出し画像

SaaSオンボーディング外注時代?(前半)

 もしかしたら、そんな時代がきているのかもしれない。っていうのと、若干のポジショントークで書かせていただきます笑
 肌感覚ではあるんですが、当初、自社で行うのがセオリーとされていたSaaSオンボーディングは、外注化する方がメリットが高いと判断する風潮になってきているように感じるので、いくつかの視点から書いてみました。  

1 SaaS提供企業の視点
2 ユーザー企業の視点
3 オンボーディング提供企業の視点  

 また、3は弊社TECODesign内部からの視点(ねらい)とも合致しているように思うのでTECODesignの戦略についてもすこし触れてみたいと思います(これは次回)。   

この続きをみるには

この続き: 2,658文字

SaaSオンボーディング外注時代?(前半)

杉野 愼(shinson10)

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
杉野 愼(shinson10)

中小企業にクラウドサービスを広めて、IT化を進めることでひとりでも多くの人を、家族を、企業をしあわせにしたいと思っています! サポートいただいた資金は、地域の飲食店にてしっかり使っていきたいと思います!

やったー!
株式会社TECO Design 代表。 人事労務freeeとかマネーフォワード給与、勤怠、ジョブカンシリーズ、King of Time、IEYASUなど、勤怠/給与関連のクラウドサービスの導入サポートを実施している企業です。士業事務所向けIT化コンサルもしています。