shinoyu
ちょっと社の社内文化と求める人材についてお話します
見出し画像

ちょっと社の社内文化と求める人材についてお話します

shinoyu

今私がCTOとして務めているちょっと株式会社 ですが、現在いろんな職種の人材を募集しております(`・ω・´)今現在の募集職種に興味がある方はこちら

さて、募集ということはですね、当然皆さんどんな会社か知りたいわけですよね?でないと、そもそも選択肢にも上がりません。ということで今回は弊社の社内文化と求める人材について、いろいろとご説明します!!
ちょっと長くなりますが、ご興味ある方は最後まで読んで頂けると幸いでございます。

社内文化

ちょっと株式会社は2022年1月現在、社員10人ほどの小さな会社ですが、MissonとValueをしっかり定義しております。

社内文化は会社毎のMission & Valueで色が分かるのですが、弊社では「ダイバーシティ&インクルージョン」が特に社内文化へ大きく影響しています。まさに多様性というところを強く強調しているのですが、いろいろな事情を抱えて生きている人たちがみな活躍できる場でありたいという意思です。

もともと会社の起こりが、弊社社長の小島が育児に専念したくて会社員をやめ、最低限生活できるだけの仕事をするつもりで作ったものです。そこからなんだかんだ3期くらいかけて少しずつ大きくなってきているのが今です。そのようなバックグラウンドがあるため、社員も何らかの事情でフルに働けない人が多くいます。
マネージャ層はみな子供がいて、仕事と家事を両立しないといけなかったりしますし、高校生の子どもの送迎をしなきゃいけなくて途中で仕事を抜ける必要があったフルリモートのデザイナーや、役者を目指していて稽古のために定期的に休まないといけないエンジニア。家族の介護があるのでフルリモートしないと行けない、といった人もいます。

そういう前提があった上でみんなが活躍できる場を作るためには、社員全員の協力が必要になるんですよね。フルに働ける人と比較して、各々時間が欠けている分、他の人がサポートしていく。それがあって弊社は成り立っているのです。つまり、弊社に入社してほしい人というのは、他の社員みんなが活躍できるようサポートしていける人なのです

求める人材はどういう人か?

GIVE & TAKEという本があります。これ1年か2年前くらいに流行った本なので読んだことがある人も多いと思います。自らの働き方を省みれるいい本なのでいろんな人におすすめしております。

このなかで、社員の種類が3種類あると書かれています。己の利益を最優先に行動するテイカー社員、己の利益を度外視して人に惜しみなく手助けするギバー社員、その真中の損得のバランスを取るマッチャー社員。
お互いが協力し合って成功や活躍を目指しているちょっと社にとって、己の利益のみを優先するテイカー社員が入ってきてしまうと今の体制は維持できず一気に崩壊します。そして、マッチャー社員がいるとお互いのサポートが限定的になってしまい、長期的に維持できなくなって組織が衰退していきます。

故に、弊社が採用するのはギバー社員だけです。それも、他の人やチームの成功のために自発的に色々と活動を起こせる、主体的なギバー人材を求めています。
チームの中で1人仕事が終わらなくて残業しそうになっていたら、みんなで定時に帰れるよう手伝える人、他の社員に教えてもらったことを、他の人が分からないことが起きないようにNotionにまとめておいてくれる人、会社の給与が低いからすぐ転職!ではなく、どうしたら給与を上げられるようになるか考え一緒に行動してくれる人。会社全体の利益を高めるために主体的に行動してくれる人しか、弊社に馴染めることはないかと思います。

実際、ギバーじゃない人を採用したこともあります。仕事でわからないことを他の誰かに気づいてもらうまで待ってしまう癖がある人自分のやり方にこだわりすぎるあまり他の社員のアドバイスを受け入れられなかった人仕事をやらされてるという意識で働いていた人。これらの人はみな馴染めず短期で辞めていきました。

もし入社を希望されている人がいれば、果たして自分が主体的なギバーとして動けるかどうか?をぜひ一度考えて頂ければと思います。でないとミスマッチでお互い不幸になるだけだと考えております(´・ω・`)

弊社が目指すべき場所

社員みんなの協力で成り立っている弊社ですが、これから大きく拡大する計画で動いています。直近社内に展開した3ヶ年計画では毎年売上を2倍にしていく目標があります。それを支えられるだけの採用や組織づくりをやっていく。今はそういうフェーズです。

それを経営から一方的に引っ張っていくのではなく、ボトムアップでやってきたいのです。言われてやる仕事ほどつまらんものはないですからね…
お互いがサポートしあい自立して判断し行動していける、セルフマネジメントできるチームを構築し、どんどん権限を移譲していく。そんな組織づくりをしていきます。主体的なギバー人材を求めているのもセルフマネジメントなチームをうまく機能させるために大切なことだからです。

終わりに

と、弊社の社内文化のざっくりした説明と求める人材について書きました。人が足りないと言っている割に注文が多い感じになってしまいますが、会社のMission & Valueを守っていくために妥協しません。
人が足りないという理由でカルチャマッチしない人を採用しても、辛いのは既存の社員です。今一緒に尽くしてくれている社員を守るのが優先なのです。

現状に満足するのではなく、常により良くするために行動していく。そういうことがやりたい方にとっては最高に楽しい環境だと思います。小さな会社故に整備されていないところが多い自分たちで課題を見つけて解決していきながら、一緒に会社を大きくしていく。そこが楽しいと思える人は大歓迎です!!ぜひ一緒に働きましょう!!


ここまでで興味を持たれた方がいましたら、今の採用ポジションはこちらになりますので、ぜひ一度お話させて頂ければ 🙏🏻


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
🎉
shinoyu
東京でWebサービスのプロダクトマネージャー & ソフトウェアエンジニアとして生存している生物です