名称未設定

魔女トレ~とあるアスリートへのプライベートセッションの内容を大公開〜

画像1

どうも。薬師寺です。

今回もスペシャルゲストライターです。

ご存知の方も多いと思いますが、、

「魔女トレをされてる魔女こと西園さん」


5月に魔女トレのコラボセミナーを愛媛で開催しました。

受講者の方も全員が新しい感覚に触れることで、それぞれが新しい気付きが生まれてました。

競技者でもあり指導者でもある中立的な立ち位置から人間の身体を診ることができる数少ない方なので、このコラムを読むことは購読者の方にとっても価値があるコラムになると思います。

実際にアスリートへのセッション動画や画像もありボリューム満点の内容になってます。教科書レベルです。

是非ご覧下さい。


じゃあ魔女さん(西園さん)にバトンパス👇👇

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


始めまして。

舞踊家 西園美彌です。

Twitter上では魔女と呼ばれています。
私はクラシックバレエ・ダンスから学んだ身体の使い方を元に、趣味で行っていた身体能力開発研究によって得られた効果的なストレッチ&トレーニングについてを「魔女トレ」として発信しています。


このたび光栄にもゲストライターにお声をかけていただきました。


どんな内容が良いだろう・・・

感覚的な部分か、理論的な部分か、あんまり抽象的過ぎても読んでいて楽しくないだろうし、せっかくクローズな場所なので普段書いていないような内容にしようか、、どこまでマニアックにしようか、、などかなり迷いました(笑)


日々考えていることはあるため話題には事欠かないのですが、まとまった時間が必要になります。


そうなるとなかなか時間を捻出するのが難しかったのですが、声をかけてくださった薬師寺さんや、熱心なセラピストさんが期待して待っていると思うと、そんな軽い内容にはできないと思ったので少しボリューミーではありますが、良ければ最後まで読んでみてください。


1.自己紹介

<魔女の簡単な略歴>

・福岡県出身

・7歳からクラシックバレエを始める

・なかなか身体が柔らかくならない、上手くなれない、けれど夢はバレリーナ!そのためにできることを寝る時間以外ずっと考え続ける生活を過ごす(小4~中3)

・バレエから離れる(高校生)

・筑波大学体育専門学群入学を機に、ダンス部に所属。モダンダンス・コンテンポラリーダンス・創作ダンスを始める。

・筑波大学・大学院ではスポーツバイオメカニクス研究室(担当教官:阿江通良先生)にてクラシックバレエを力学的に分析・研究・論文作成。

・大学院卒業後、バレエ教師として仕事をする傍ら舞台に呼ばれることが増え、続けていくうちに共演者のレベルが上がり、東京芸術劇場や新国立劇場の舞台に立ち、もっと自分を試してみたいと思いドイツへ留学するも、自宅の事故で脚を骨折する怪我を負う。

・怪我から復帰&帰国後、冨田勲追悼特別公演にて『ドクター・コッペリウス』にて初音ミクのモーションキャプチャダンサーを担当。振付:辻本知彦(日本人初のシルクドソレイユダンサー、米津玄師PVやパプリカ振付等) 三東瑠璃ダンスカンパニー(Co. Ruri Mito)での創作活動・舞台公演に参加、その他大小様々な舞台活動を行う。Hiroto's show「天照道成舞降」NY公演にて主要な役であるアマテラスを担当。

・昨年度(2018年)、帝京大学水泳部指導をきっかけに「魔女」と呼ばれる。
→内容はこちら(「帝京大学水泳部指導〜魔女クリまとめ〜」)

・ダンスの世界では当たり前なことがスポーツ界で当たり前ではないことがあまりに驚きで使命感を感じ、ダンス界にある身体言語・指導言語・身体への認識と使い方やアプローチがもっと広まった方がいいのではと「魔女トレ」活動を始める(今ここ)

魔女トレとは↓↓


Twitterで 「魔女トレ」 と検索していただけると良いかと思いますが、私のプロフィールにあるモーメント(→こちらをクリック )にまとめていますので、具体的なものはそちらをご覧いただけたらと思います。


しかしながら、すでに魔女トレをご覧になっている方も中にはいらっしゃると思いましたし、まだどこにも公開していないものを書かせていただこうと思いました。


それはアスリートへの個人指導の様子についてです。

今回は、9月に大阪で行った十種競技の選手でSASUKEにも出場している伊佐嘉矩選手(@asiasi1313)のプライベートセッションを公開。(本人には掲載許可をいただいています)


読者であるセラピストの方々は個人と向き合うことが多いのではと思います。

その一つの参考にしていただけたらと思います。


2. 身体と動作の解析はまず“足踏み”から


プライベートセッションのスタートは、、

【足踏み動作】

図1

・足首の揺れ具合と再現性
・どの部分に乗っているか、体重のかかり方
・全身を見て、脚をどこで持ち上げているか(太腿?腸腰筋?全体?)
・全身を見て、軸の場所と揺れ方と再現性
・腕振りの左右差 etc.


足踏み動作から選手がどこの筋肉をどのように使っているかをまっさらな目で見ます。そしてそれを元に指導を開始します。


競技特性やその人の特徴や特質もありますので、すぐに良し悪しは判断せず、まず材料として置いておき、徐々に道筋を立てていきます。


動作について・・・

まず美しいか否か。
その次に身体の繋がりはスムーズか。


美しくない場合やスムーズではない場合、なぜそれが発生しているのか、見るときのセンサーを変えてみます。はじめはぼんやりと、、

徐々に筋肉系、骨格、、またぼんやりと見て全体としての軸、、など。


足踏み動作において、足首の揺れが大きい人の動きは“エラー”が大きい傾向があります。しかしそこに自覚がない場合がほとんどです。


魔女トレ~足指ストレッチ~(後ほど動画をあげています)を行ったあとは、足部の力みや沢山の骨の自動調整がなされ、そのエラーが減り、足と下肢、下肢と体幹の繋がりがストン!とハマるような、クリアな足踏みができるようになるといった変化が起きます。


セッションを通して改善させていくのは【動きの“エラー”】です。


“エラー”とは姿勢が歪む瞬間です。

それらはつまり力が抜ける瞬間であり、力が抜けるということは繋がっていた意識や筋肉の協調性が切れることを意味します。

・怪我によって筋肉のバランスが崩れている場合
・意識が弱い場合
・集中力の持続力が弱い場合
・何かしらの恐怖心が起こす場合

などがあります。


それらは選手本人に自覚があるかどうかや怪我受傷歴、日常の過ごし方を聞くなどして考えられる原因を絞り、本人に伝え、与えるトレーニングと合わせてそのエラーに繋がる要因を日常からも取り除いてもらうよう指示します。


ほとんどのエラーは左右差から来ていることが多いです。

左右差は怪我に繋がったりパワフルな力の発揮が阻害されている要因であることも多いため、それを整えるようトレーニングに移ります。

なお、左右差が根深いような場合はその日一回で修正することはできないとはっきり伝えます。


どんな人も左右差はありますが、その度合いを超えているものは改善するのが良いと思っています。


また、負荷の高い競技・ハイレベルの選手になってくるとその歪みも顕著に表れてきます。これも断定することができない領域なので漠然とした具体例は割愛しますが、目指すべきゴールはいつも同じです。


とにかく私は、、

ニュートラル[右と左 表と裏 前と後ろ 内側と外側]を目指します。


3.セッションの内容


今回のプライベートセッションの内容は、、

A. 足指と足首のコンディショニング
B. スクワット姿勢チェック&改善
C. 動作中の基礎力アップ


この続きをみるには

この続き:4,653文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
365日理学療法に関する情報をお届け!コラム・動画・音声を使って新しい情報を手に入れよう!!7人のセラピストによる最新理学療法マガジン!!

365毎日お届けするマガジン! 内容は日替わりで「理学療法・スポーツ・国試対策・ピラティス・自費リハビリ・IT・靴・ビジネス」につい...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとうございます♪( ´θ`)
49
理学療法士・PHI Pilates Instructor。 ・愛媛リハビリ道場➡http://kenkorpt.com ・理学療法士のYouTube大学(週2本配信中)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。