見出し画像

キャリア構築と併せて「お金の知識(マネーリテラシー)」も身につけるべき理由

こんにちは、しにち(@yurukashi_yrks)です!

まずはこのnoteを読んでいただき、ありがとうございます。

簡単に自己紹介をさせてもらいますと、筆者は30代サラリーマンで【MARCH卒業→大手金融企業に3年→大手転職エージェント会社を2社経験(計6年半)→人事採用担当(今ココ)】といったキャリアを歩んでおります。

また、サラリーマンと並行してキャリアやお金についてのブログ運営や資産運用からも副収入を得て生活しています。

自身のキャリアや経験をもとに、このnoteでは人生100年時代に備えたキャリアや働き方の提案、そしてお金について発信しています。


さて今回は、「キャリア構築と併せて「お金の知識(マネーリテラシー)」も身につけるべき理由」について書いていきます。

「不安定な時代だからこそ、働き続けられるスキルやキャリアを身につけて収入を安定させたい!」、そう思う人は多いのですが、併せて、私たちに起きているお金の問題やお金の知識についても知っておくべきだと感じています。

収入という観点以外でお金について知っておくことは、賢く生きていくための武器になるはずです。

金融庁が発表した「長寿化による資産寿命を延ばす必要性」

画像1

2019年6月3日、金融庁の市場ワーキング・グループが「高齢社会における資産形成・管理」という報告書を発表しました。

この報告書によると、1950年頃の平均寿命が男性約60歳、女性58歳であったのに対し、現在の平均寿命は男性約81歳(+21歳)、女性約87歳(+29歳)まで伸びています。

また、現在60歳の人の約4分の1が95歳まで生きるという試算もあり、「人生100年時代」のリアルさが伝えられています。

※出典:金融庁の市場ワーキング・グループ報告書:「高齢社会における資産形成・管理」


次に、総務省の家計調査(2017年)によると、高齢夫婦無職世帯の平均収入額が約21万円なのに対し、平均支出額は約26万円とあります。

この不足額5万円を仮に65歳から95歳まで補うとしたら、約2000万円が必要な計算です。(これが話題になった年金2000万円問題ですね。)

※出典:金融審議会「市場ワーキング・グループ」(第21回)議事次第 厚生労働省提出資料


さらに、ご存知の通り日本の人口構造は富士山型ではなく、つぼ型に変化しています。若者が高齢者を支えられる構造ではなくなっており、少子化が改善されないことも受けて、今後さらに現役世代の負担が大きくなっていきます。

※出典:金融庁の市場ワーキング・グループ報告書:「高齢社会における資産形成・管理」


また、資料の所得代替率(年金を取り始める時点において、年金額が現役世代の手取り収入額と比べてどのくらいの割合か)を見ると、2019年度に59.7%あった所得代替率が、30年後の2049年度には50.6%(ー9.1%)に下がる試算です。

これは今と比べて15%程度、年金の割合が下がることを意味しています。

上記で不足額の試算がありましたが、それにあてはめて年金が15%減った場合を計算すると、95歳までの不足金額は約3000万円程度にまで広がることになります。

※出典:金融庁の市場ワーキング・グループ報告書:「高齢社会における資産形成・管理」


「将来年金はあてにできない」というのは周知の事実です。しかし、具体的にどのくらい深刻なのかは、あまり意識してこなかった人も多いと思います。

これらのデータからわかる通り、長寿化、少子化が進むこれからの時代は、資産寿命を延ばす必要が間違いなく出てくるというわけです。

従来型ビジネスモデルの崩壊による収入の不安定さ

画像2

金融庁の報告により、年金における深刻さは理解いただけたかと思います。

しかし、さらに追い打ちをかけるように、日本の経済状況は悪化しており、昔に比べて定年まで収入を得続けることが難しいという現状があります。

ここ数年、大手日系企業のリストラが頻繁にニュースになっています。業績悪化によるリストラだけでなく、業績が良くても不必要な人員は削減するという「新リストラ」と呼ばれる解雇も行われてきています。


戦後日本は、復興と共に大量生産・大量消費の時代を迎え、高度経済成長期やバブル期など、高いGDP成長率を維持し続けてきました。

ですが、その後はバブルの崩壊やリーマンショックで成長率は低迷。リーマンショック後に一時回復はしましたが、戦後やバブル期の水準にはもちろん達することなく、今も実質GDP成長率は0~2%の間で推移しています。

※出典:毎日新聞「大企業は活況も庶民は無関係 戦後最長も戦略描けぬ「実感なき景気拡大」」


大前提として日本は人口減少国であり、需要は先細りの一途をたどっています。また社会も成熟し、モノやサービスで溢れているので、新しい商品を作っても売れないという状況になってしまっているのですね。

そして先進国のトレンドは「所有から利用」へと変わってきています。

モノを買う時代ではなく、サービスを利用する時代である今、米国企業を筆頭にプラットフォーマーと呼ばれる企業が経済の中心となりました。

下記は平成元年と平成30年の世界の時価総額ランキングです。かつてはトップに君臨していた日本企業が、トヨタ自動車以外すべてランキング外に飛ばされてしまっています。

出典:https://togetter.com/li/1259348


時代と世の中のニーズが変わったため、従来型のビジネスモデルを持つ企業は、社員を定年まで面倒を見ることはできません。

ここで話をお金に戻しますが、社員の雇用は保証されなくなり、定年まで稼ぎ続けること自体の難易度が上がってしまっているので、リストラや倒産で収入が途絶えるリスクが昔よりも高いわけです。

昔よりも蓄えが必要な時代だからこそ、お金の知識をつけておく必要がある

画像3

①長寿化、少子化により、昔よりも定年後に必要なお金が増える。
②時代やニーズの変化、米国プラットフォーマーの出現により、日本企業の多くが雇用を保証できず、収入が途絶える可能性がある。

この2点が、以前とは大きく異なるポイントだと言えます。

昔とは状況が違うのに、従来型の消費や、親世代同様のライフスタイルを送るのは相当リスキーではないか、と個人的には考えています。

悲観的になる気持ちもあるかもしれません。しかし、悲観してもこうした状況は変わらないのであれば、今置かれている状況を事実として受け止め、これから新しいライフスタイルを送っていけばいいのです。

そんな新しいライフスタイルを送る上で必要になるのがお金の知識です。

これまでと変わらない生活をしていくと、老後の資金不足に陥ったり、急に仕事を失ったときに、途方に暮れてしまうかもしれません。

それ以上に、お金について何の準備もしないと「将来どうなるのだろう」という不安をずっと抱えていくことになり、その不安がストレスになってしまう恐れがあります。

では具体的にお金について何をどう考えればいいのかというと、今までとは違ったお金の使い方、そしてお金の増やし方を学ぶべきだと言えます。

今まで当たり前に買うべきとされてきたものは、今の時代本当に必要なものでしょうか?自分が本当に必要だと思うもの以外は捨てて、消費を限定していくという考えが、これからはとても大切です。

また、今は低コストで高品質な商品・サービスが手に入る時代ですので、品質が同じであればより安いものを選んだり、固定費を下げて生活するなど、賢く消費していくことも意識すべきです。

お金の増やし方については、こちらも昔と比較すると、誰でも手軽に資産運用が行えるようになっています。

「よくわからない」で済まさずに、まずは本を1冊読んでみる、投資ブログを覗いてみる、といった一歩から始めてみるべきだと思います。

将来自分にどれだけお金が必要なのかを考え、少しずつ積み立てを行うだけでも、将来の備えに繋がっていきます。

まとめ

お金の心配をしなくて済むよう、働き続けられるキャリアを考えるのも大切ですが、もう一手としてお金の使い方や増やし方を学び、実践していくこともまた大切です。

・長く続けられるスキルを得る、キャリアを積む
・自分が本当に欲しいものを理解して消費を取捨選択する
・お金の増やし方(資産運用)を身につける

こうした仕事とお金の二軸を意識してライフスタイルを構築することが、人生100年時代には有効な戦略だと考えています。

ここまでネガティブな面ばかりをお伝えしてきましたが、一方でこれからの時代はポジティブな面も数えきれないほど多いです。

医学の進歩によって昔は治らなかった病気の治療法がどんどん発見されているし、IT技術でこれまでは想像もつかなかったサービスや体験を受けることができています。

将来を悲観しすぎず、これからの時代に合った行動をとって、楽しみながら生きていきたいですね。

それでは、お読みいただきありがとうございました。

またお会いしましょう!

※冒頭でもお伝えしましたが、Twitterブログにて活動を行っています。お金についても発信しているので、もしご興味があればぜひ覗いてみてくださいね。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しい〜!
6
人生100年時代に備えてキャリアやライフスタイルを構築中の30代。大手金融→キャリアコンサルタント→採用人事。脱・会社依存のための働き方/生活設計/資産形成について発信しています。https://yurukashi.com/