見出し画像

最低限の礼儀作法にお金はかからない

こんにちは、守屋です。

立派なマナーは生活にうるおいを添えてくれます。ある企業の社長(40代)とお会いしてお話をする機会がありました。

自分より年下の人間であっても、礼から始まり礼で終わる。心が温かくなる時間をシェアできたこと、本当に嬉しく思いました。

今の世の中、スピード命と言われるほど秒速で物事が変化しています。そんな中、コミュニケーションの手段も要件だけ手短に伝われば問題なし。

それが当たり前として育ってきた世代にとっては、「あいさつ」さえ無駄なやり取りと感じているかも知れません。

礼儀を知ること、礼儀を受けること、礼儀を伝えること

マナーは一度習得すれば生涯、自分の役に立つものだと思っています。たとえ学生時代に悪い道に外れたとしても、身についたマナーが一つの基準となって自分の行くべき方向を教えてくれるはずです。

礼儀を知り、礼儀を受け、そして礼儀を伝えること。

人間は生きていく限り、人と接していかなければいけません。八方美人になる必要はありませんが、自らの価値を落とすような態度は敵を作るばかりで良いことがありません。

そして今の時代だからこそ、礼儀を知り、礼儀を身につけるだけでまわりとの差別化も図りやすくなります。

ぜひ自分に何か武器を身につけたいと思っている人は、お金がかからず一生の財産となる礼儀作法を身につけることをお勧めします。

=====登録・フォローのお願い=====

LINE@
⇒ https://line.me/R/ti/p/%40eto9655g

twitter
⇒ https://twitter.com/shingo_moriya

=====宜しくお願いします☆ =====

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートして頂いたお金は、書籍代等の知識を深めるために使い、還元していければと思います。 また、サポートではなくフォローという形で応援して頂ける場合でも大変うれしく思います(^^)

何か、感じるものありましたか?
6
サッカー、ビジネスなどの仕組みを毎日書き、月曜日は小説や体験談を書いてます。 サイトを覗いてもらえると嬉しいです(^-^) 公式twitter:https://twitter.com/shingo_moriya

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。