__至上主義者に捧ぐ地図

note限定!○○至上主義者へ捧ぐ京都のおすすめエリア

こんにちは、京都で宿屋をやっております下岡です。ホテルや、町家を使った宿といった滞在先を選ぶ参考にしていただければ幸いです。

■ 京都は今が行き時!

京都は2019年の夏以来、「観光公害」「オーバーツーリズム」などといったネガティヴなイメージが喧伝されたうえに、韓国との外交問題なども加わって、近年まれなほどに閑散としておりました(様々な要因がありますが、実際に多くの宿が閉業に追い込まれています)。

宿屋目線で言うと寂しい状況ですが、しかし旅人目線で言えば客足が鈍っている今こそ京都を満喫するチャンス!

歴史文化、寺社仏閣の素晴らしさは、流行り廃りに左右されるものではありません。むしろ人混みやセルフィー棒に邪魔されることなく、より濃度の高い京都を満喫できる、良いタイミングです。

noteをやってる読者諸兄に対して発信するような情報ですので、僕の独断と偏見を中心に、「こういう趣味嗜好の人は、このエリアを中心に旅するのがいいんじゃない?」という記事を書いてみました。


・・・


1. 北山文化と西陣 〜「暮らすように旅する」至上主義者に捧ぐ〜

「誰かにお膳立てされた旅行なんてもう飽きた。未知との遭遇こそ旅の醍醐味でしょ。町家を改装したスタバ?わざわざ京都で全国チェーンの店とか行ってどーすんの!」そんな方にお勧めなのが、こちらのエリア。

世界遺産登録の寺社仏閣で言えば、東には上賀茂神社と下鴨神社、西には金閣寺、竜安寺、仁和寺、そして室町時代に北山文化の中心となった大徳寺、妙心寺、相国寺などがあります。と同時に、ガイドブックには載ってなくとも由緒正しい寺社仏閣(つまり、人混みは少ないけれど、素晴らしい静謐な雰囲気を味わえる)もありますし、地元住民に愛される素敵なカフェやパン屋さん、お洒落な雑貨屋さんやギャラリーも点在します。

画像1

写真:自転車に乗って買い集めた、こだわりのパンとコーヒーを、鴨川沿いで。

画像2

写真:どのお寺か、ここでは秘密です。

上記のようなメジャー観光地を数珠つなぎに自転車で巡りつつ、自分の勘に任せてあちこち立ち寄るのがお勧めです。きっと「私だけの京都旅」に出会えるはず。ちなみに、僕が経営する宿もこのエリアです。


2. 東山文化と岡崎 ~インスタ映え至上主義者に捧ぐ~

「JRの駅でよく見る京都の広告ポスターみたいな、桜と紅葉の写真を撮ってSNSにあげたい!」そんな方にお勧めなのが、こちらのエリア。

哲学の道の桜や永観堂の紅葉は、シーズン最盛期ともなるとテーマパークのような人だかりになりますが、有名でなくとも桜や紅葉が美しい場所がたくさん(もっとも、それはこのエリアに限ったことではありませんが)。

画像3

写真:真如堂。春の桜も美しい。

画像4

写真:南禅寺の天授庵。波のように押し寄せる紅葉。

毎年のようには京都旅行もできない、しかし、いつもポスターで見てる春や秋の京都に一度は行ってみたい、という方はこちらを旅の中心にすることをお勧めします。


3. 二条駅周辺 ~スケジュール効率至上主義者に捧ぐ~

休暇は仕事中よりも効率的に動きたい。限られた滞在時間の中で、有名な観光地を全部巡りたい!」そんな方にお勧めなのが、こちらのエリア。

京都に観光名所は数多くありますが、中でも伏見稲荷と嵐山は、海外からのゲストにも大人気の観光地です。しかし2カ所とも郊外にあるのでアクセスが良くありません。なので移動のコツを知らないと、貴重な時間を大いに失ってしまうことになってしまいます。

画像5

写真:伏見稲荷も早朝だったらこんな写真が取れます。

画像6

写真:嵐山にある二尊院。

その点、このエリアに滞在すると、伏見稲荷も嵐山もJRですぐとアクセスが抜群に良い上に、世界遺産の二条城も徒歩圏。オリエンテーリング的に京都めぐりされる方にはうってつけのエリアです。

ただし、伏見稲荷は千本鳥居だけではなくて酒蔵街にも、嵐山は竹林の小径だけではなくて二尊院や化野にも、ぜひ足を延ばしてほしい!効率的であることは大切ですが、旅はタイムアタックではありません。ゆっくり時間をかけて、京都を巡ってくださいね。


4. 祇園、清水エリア ~ガイドブック至上主義者へ捧ぐ~

「ガイドブックの巻頭カラーグラビアとか、テレビのランキングとか、ネットのまとめサイトで取り上げられてるような京都に行きたい!」そんなミーハーな方にお勧めなのが、祇園、清水エリアです。

レンタル着物に着替えて八坂神社から清水寺へ。途中、色んな八つ橋が揃ってるお土産屋さんとか、あぶらとり紙専門店とか、町家を改装したスタバなんかもあったりします。

画像7

写真:庚申堂。写真のインパクト大。

修学旅行生のような京都旅を楽しみたい方は、こちらを旅の中心にすることをお勧めします。


5. 四条河原町 ~ショッピング至上主義者に捧ぐ~

「都会な雰囲気を味わいたくて旅行に来たけど、お寺とか神社とか、あんまり興味ない。デパートとかファッションビルで買い物したい。」そんな方にお勧めなのが、こちらのエリア。

四条河原町という交差点が、京都のショッピングの中心地。周囲には有名ブランドショップやお土産屋さんが軒を連ねます。寺町通や新京極通のアーケードに入れば、たこ焼き屋さんやタピオカドリンク屋さんもあるし、錦市場もすぐ。京都とフィーリングが合わなければ、阪急電車で大阪へ、あるいは地下鉄と近鉄を乗り継いで奈良へ、といった他都市へのアクセスも便利です。

画像8

写真:7月の祇園祭は、このエリアで。

古い街並みも残っていますが、それ以上に都会の喧騒が気になるので、僕なら四条河原町のホテルなどは選ばないでしょう。しかし「あの子は、あんまり歴史文化とか興味なさそうだな。」みたいな旅メンバーが同行しているならば、便利な立地です。


6. 京都駅周辺 ~弾丸ツアー至上主義者に捧ぐ~

「毎日仕事で忙しい!けどせっかくの休みは京都に行きたい!でも旅行の事前にスケジュール立てる余裕はない!」そんな方にお勧めなのが、こちらのエリア。

JRに近鉄電車、市営地下鉄やバスが乗り入れますから、仕事終わりに新幹線に飛び乗ってホテルに入れば、とりあえず何とかなります。ただし、街並みに風情はないし、美味しいレストランなどもあまり聞かず、「京都らしさ」を味わう旅には向いてないエリアです。

正直なところ、このエリアでの滞在はあまりお勧めではないかな。。「みんなが京都京都うるさいから1泊だけしてみよう」とか、「京都欠乏症による禁断症状が出てきたから応急処置が必要」みたいな方は、とり急ぎ京都駅まで駆け込んで下さい。


・・・


■ まとめ地図

画像9

いかがでしたでしょうか?

あくまで僕の独断と偏見ですので、人によっては不快に感じる表現があったかも知れません。特に最後のまとめ地図に関しては、自分の好きなエリア以外をディスった感じになってしまって、ほんと申し訳ございません。

ですが、当たり障りのない投稿をしても退屈だと思ってます。少々癪に触る箇所がございましても、真に恐縮ではございますが、「このチリメンジャコ、山椒がピリリと効いてるな!」とお見過ごしいただければ幸いです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

多くの方からサポートして頂き、感謝の念が尽きませんm(__)mご恩は記事にしてお返しできるよう、精進いたします!

観光産業が世界を平和にする!
49
世界一周の後、京都で小さな宿屋を始めました。が、コロナショックで宿屋存続の危機! 「物書く宿屋」から「会いに行ける文士」へとジョブチェンジを画策中。 https://www.instagram.com/karigane.kyoto/?hl=ja