見出し画像

最近「スキ」したnote  20/4/26





日本に居ながらイタリア南チロルを感じたい方に!




こんにちは、宿屋の下岡です。

最近僕がnoteで出会った「面白いな、素敵だな」と思った記事やユーザーさんを、ご紹介いたします。


■ アフターコロナ?ウィズコロナ?これからの「旅」とは。

長引く感染拡大防止の影響で、多くの人が旅行をキャンセルせざるを得なくなり、悲しい気持ちを抱えてらっしゃることと思います。

また日常生活においても、同僚、知人だけでなく、親しい友人や家族とも会えず、「人とのつながり」を感じられずに孤独に苛まれている方もいらっしゃるでしょう。

そんな時代に、「旅」が担うべき役割とはなにか?

「宿」の中には、システマティックで効率よく、人件費を割いて安価にすることを正義とされているところもあります。セルフチェックインとかロボット接客とか。

そういう「宿」も必要でしょう。遠方との取引があり商談のために宿泊が欠かせないビジネスをされている方にとって、安さは圧倒的な魅力です。また今般では感染病患者のための隔離病棟的に活躍されているホテルもありますから、セルフチェックインとかロボット接客も必要です。

しかし、「旅」の本質とは「出会い」だと思います。

人生は「旅」に例えられますが、「出会い」のない人生に、意味なんてあるんでしょうか?




■ あの人に、会いに行く旅。

物流もインターネットも発達し、なおかつ外出自粛が叫ばれる現代では、お金さえあれば、京都の老舗の懐石料理を東京で食べることだって可能でしょう。

世界の絶景めぐりなんて、インスタグラムを開いて画面をスクロールしていれば、お金なんて払わなくても出来ます(写真加工技術のおかげで、なんなら実物よりも写真の方が綺麗だったりする)。

しかし、それでも旅する人が絶えないのは、料理や絶景の持つストーリーに対して、リアリティを感じたいからだと思います。



…と、いつも通り前置きが長くなりましたが、今回ご紹介するのは、北イタリアのホテルに勤めるレストラン・ソムリエ・マネージャのsommマサさんのnote。

南チロルの風を感じる投稿に、否が応でも「旅」したくなります。

はぁ旅したい。




・・・ライター紹介・・・

下岡広志郎
夫婦で1年5か月の世界一周旅行の末、日本文化を発信するための体験型宿泊施設「京町家コテージkarigane」を大徳寺門前町に開業。観光という経済システムを活性化することで、戦争という経済システムを廃棄し、世界平和を実現することを、事業の目標としている。

京町家コテージkarigane

茶の湯の聖地「大徳寺」から徒歩1分、茶道教室として建てられた京町家を、一日一組限定の宿にリノベーション。世界各国からのゲストをおもてなししている。

<公式HP>

<Booking.com>

<楽天トラベル>


この記事が参加している募集

おうち時間を工夫で楽しく

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

多くの方からサポートして頂き、感謝の念が尽きませんm(__)mご恩は記事にしてお返しできるよう、精進いたします!

貴方へのおすすめ京都旅は…自然と文化の調和を楽しむ!
31
世界一周の後、京都で小さな宿屋を始めました。が、コロナショックで宿屋存続の危機! 「物書く宿屋」から「会いに行ける文士」へとジョブチェンジを画策中。 https://www.instagram.com/karigane.kyoto/?hl=ja

こちらでもピックアップされています

最近スキしたnote
最近スキしたnote
  • 15本

noteは読む人にも書く人にも救いを提供してくれている。外出自粛を促進、自宅謹慎生活のストレス緩和、noteをさらに活性化して、ウイルス撃退!

コメント (4)
「旅」の本質とは「出会い」。僕も少ない経験ですが世界を旅しています。なのでそのお言葉とても共感します!
人に出会う、景色に出会う、価値観に出会う。
出会わなきゃはじまりませんしね!
大変恐縮な投稿を拝見して驚いております。いつも陰ながら、日本で観光業・サービス業を営んでいらっしゃる方を応援しておりますが、元気をいただいていたのは「私」だったかもしれません。リアルな旅だけではない「出会い」に、オンラインの「旅」の可能性を感じされて貰いました。ありがとうございます。
枯雲肘木さん、ありがとうございます!バイクでユーラシア大陸を横断されたんですよね、すごいです!たくさんの素敵な出会いがたくさんあったんだと拝察いたします。

これからも、たくさんの出会いを生み出せるようがんばります!
Sommマサさん、出過ぎたマネをしたのではないか…と、思ってたんですが、喜んでいただきホッとしました😅そうですね、オンラインでの出会いはこういう状況だからこそだと思います。

叶うことならやはりイタリアに行きたいなと思いつつ、また投稿を拝見させていただきます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。