会社が終わったら、秒で帰ろう。№138
見出し画像

会社が終わったら、秒で帰ろう。№138

 私は、会社が終わったらすぐに帰ります。はい、秒で帰ります。あまり仲間とベタベタすることはありません。社外の人間とはよく飲みにも出かけますが、社内の人間と飲みに行くことはあまりありません。

 誤解にしないでください。一緒に働く仲間が嫌いな訳ではありません。むしろ大好きです。「鮪のシマハラ」で働いてくれて有難う。感謝の気持ちでいっぱいです。

 社内の仲間とあまり付き合わない理由は二つあります。

 一つはリーダーとして、常に公平であるためです。 世の中はとかく不公平です。会社も例外ではありません。100%公平だと言い切れる会社はなかなか無いと思います。ですから、せめてリーダーだけでも仲間には公平であるべきだと考えています。プライベートの付き合いが多くなると、どうしてもこの公平さが担保できなくなるのです。ですから意識的に時間外は仲間と距離を置くようにしています。

 二つ目は、私同様仲間にもプライベートの時間を充実させてもらいたいからです。私たちは仕事を通してつながっている仲間です。誤解を恐れずに言えば、仕事でつながっているだけです。大人には、仕事以外にもやるべきことが沢山あると思います。

 家庭を持つ人間であれば、家事や育児に参加するべきです。同じ仲間と就業後も飲みに行き、愚痴や上司の悪口を言うよりはずっと有意義です。飲み会に精を出すよりも家族と真摯に向き合った方が、仕事に活かせる人間力が身につくような気がします。

 家庭を持たない人間も同じです。夜遅く私と飲みに行って、私の自慢話を聞いても何も得るものはありません。私にそんな力もありません。早く帰って、本を読んだりNetflixでも観た方が100倍有意義です。

 出掛ける場合も、同じ景色を見ている社内の人間よりも社外の人間と違う景色を見るべきです。違う世界の話を聞くべきです。別の世界の人間の話ほど、刺激的なものはありません。

 秒で帰る理由。そうです、それは仕事に支配されないためです。はい、たかだか仕事なんです。仕事は大好きで全力を尽くすことは前提で、もう一度言います。「たかだか仕事です。」

 私に関して言えば、「やらないと死ぬからやっている。」それが仕事です。嫌ならやめればよいのです。調子が悪ければ、少し距離をとっても良いのです。こんなことのために、大人の時間をすべて費やす必要はないと思います。会社以外の世界はあまりにも広いのです。

 幸い現在の私は、「鮪のシマハラ」での時間が一番充実しています。でもそれだけで終わりたくはないのです。ですから、この先私の優先順位第一位が「鮪のシマハラ」で無くなる可能性だってあります。それでも「鮪のシマハラ」を成功させる方法を模索しています。

 もちろん、個人の時間をどう使うかは仲間自身が考えるべきことであって私が強要するようなことではありません。仕事人間だって大歓迎です。「うちの仲間はどんな時間の使い方をしているのかな?」そう考えながら、私は今日も秒で帰宅します。


















この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
大好きです。フォローもなんとか。
2004年単身上海に渡り上海天家飲食管理有限公司創業。頑固マグロおやじの店「天家」を最盛期には直営14店舗FC3店舗年商20億まで成長させる。2018年中国の事業を譲渡し帰国。日本でもマグロの魅力を多くの人に伝えるため、「鮪のシマハラ」をオープンさせる。