新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

無駄なことをやらない勇気


 緊急事態宣言が延長になりました。今年ももう半分終わりましたが、思うような営業はできていません。

 そんな苛立ちの中でも、一つ確信していることがあります。それは居酒屋は絶対復活するということです。必ずです。今後数年間、最も熱く燃える業界は飲食業です。その中でも居酒屋業態は燃え盛ります。

 その時、「鮪のシマハラ」も激しく燃えます。確信していればこそ、コロナ禍に2店舗同時出店しました。アフターコロナに1店舗では不十分です。3店舗で輝く必要があるのです。出店すべきは、まさに今なのです。

  そして私がいま考えていること、それは無駄な取り組みをしないことです。儲からないデリバリーや定食屋への業態変更・ゴーストレストランなど、絶対手を出さないことです。

 焦る気持ちはもちろんあります。「何かやらなければ、やれることはなにか?」どの経営者も毎日必死で考えていると思います。こんな時、私は一点のみを見据えて舵をとります。足元を見る必要はありません。一点、「鮪のシマハラ」の多店舗展開という未来のみを見据えています。

 私は居酒屋を経営しています。居酒屋がやりたいのです。マグロ専門居酒屋として輝きます。いま仲間とアフターコロナに輝くための準備を進めています。それだけで十分なのです。

 迷う必要はありません。居酒屋が始めるデリバリーも定食業態もゴーストレストランも、2~3年後に生き残れるものはほとんどないと思います。餅は餅屋です。私たちは居酒屋としての道を模索したいと思います。

 コロナが教えてくれました。私たち居酒屋の社会的意義はあまりにも大きい。みなさん、外食したくないですか。楽しい仲間と一緒に居酒屋行きたくないですか。明るい居酒屋の雰囲気恋しくないですか。そうです。もう待ちきれないのです。みんなが外でお酒を飲みたいのです。私たちも自慢のマグロを紹介したくてうずうしています。

 もう直ぐです。もう直ぐなんです。もう二度とないような大きな波が居酒屋業態にやってきます。アフターコロナ、どの業界よりも飲食(居酒屋業態)が力強く復活します。

 明るい未来しかありません。楽しみでなりません。冷静に未来だけを見据えて粛々と進めばよいのです。無駄なことをやる時間も余裕もありません。

 コロナ禍で借り入れた資金もすべて出店費用に消えました。問題ありません。私たちができる借金なんて数千万円です。アフターコロナには、秒で返済できる数字です。確信しています。自信があります。

 冷静に未来に備える。また経営者として大きく成長しました。アフターコロナの「鮪のシマハラ」と島原慶将。みなさん要チェックですよ。


追伸 尊敬する経営者の投稿に力をもらいました。今回はその想いを文章にしました。






この記事が参加している募集

私の仕事

#あの失敗があったから

4,130件

締切:

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
よろしければシェアもお願いします。
7
2004年単身上海に渡り上海天家飲食管理有限公司創業。頑固マグロおやじの店「天家」を最盛期には直営14店舗FC3店舗年商20億まで成長させる。2018年中国の事業を譲渡し帰国。日本でもマグロの魅力を多くの人に伝えるため、「鮪のシマハラ」をオープンさせる。