見出し画像

ビルをまるごと塗る仕事➖401の活動➖


こんにちは、
今回は僕たちクリエイターユニット401の活動のお話です。

クリエイターユニット401が
長岡にみんなが愛着を持ってもらう為に
と考えた1つの答えでもあります。


1.ビルを自由にペイントする


2020年3月8日、
僕たち401は、ビルをまるっと全部ペイントしました。


画像1

外も、


画像2

中も、

全部塗りました。


画像3

通りかかった地域の方も巻き込んで、


画像4


皆んなで全部を塗って、不思議な空間を作りました。



2.コンセプト-ビルを爆発させたかった-


これは、盛大なイタズラではなく、
僕たち401が企画したイベントです。


画像5


ペイントした会場は、
『旧大和ビル』
昔、大和デパートがあった場所です。

長岡駅前の開発にあたって、
解体されることが決まっていました。  


長い間、長岡の人に愛されてきたビルが、人知れず壊されるのは可哀想。
せっかくなら何か最後にできないか?

という思いから今回の企画を作りました。


星の超新星爆発や、
植物の紅葉など
自然物の終わりはとても美しく、
多くの人の目に止まり、心に残ります。


今回このビルの最後の輝きを、
アートの力で作ろうと思ったのです。


画像6


ねらいどおり、
当日は、多くの人が足を止めて、
多くのメディアが駆け付けてくれました。


画像7


画像8


見慣れた景色が、非日常になりました。
良くも悪くも、解体まで多くの人が目に止めてくれるでしょう。
人知れずに壊されるのではなく、最後に街で人が足を止める作品になりました。



3.もう1つのねらい


加えてもう1つ裏テーマがありました。

それは、

楽しいを伝える事

子どもの泥遊びのように服を汚し、
高校生のように写真を取り合い、
通りかかった人と描いたり話したりと、
僕たちは、とにかく楽しくやりました。


画像9

画像10

画像11



長岡ではこんなに楽しいコトができるのか!
地方でもこんな仕事があるのか!

と街の子どもたちに思ってもらえるように、
今回の楽しい仕事を全力で楽しみました


これを見て「これから一緒に楽しいことができる仲間」が増えたら嬉しいです。
みんなで楽しい町を作りましょう!


大和ビルに401なりの
「ありがとう」と「さようなら」が言えました。



そして、今回のアートイベントは、
もうひとつ、401が長岡で仕掛けている
長岡じゆうちょう計画に繋がります。

画像12

詳細はまた別の記事で書きます。


イイネ、フォローして頂けると嬉しいです。


---------------
シマダマサノリ
Instagram / Twitter
クリエイターユニット401
---------------

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
フリーランスのデザイナー、アーティスト/クリエイターユニット401代表。新潟県燕市出身の27歳です。「自分の好きをもっと気軽に発信できる世界」を目指して活動しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。