第41回

かつて、生きることにもがいた若かりし自分に「ありがとう」と言おう。

50歳の誕生日まで半年を切った。

虚弱な割に、2泊以上の入院も腹を切るような外科手術も経験なくこの歳まで生きられたことは、ある意味奇跡である。

床に伏せた日は健康な人の50倍くらいあるのでトータルの活動日数は同年代よりだいぶ少ないが、半世紀も積み上がればラッキーもアンラッキーもそれなりの数となる。無駄な回り道やしなくていい経験については、同年代平均値より10倍くらい多い気がする(笑)

人生とはよくできたもので、若かりし頃やっちまった数々の失態は、この歳になると、一周回って「何ごとも経験」だと思えるようになる。

幼少時の粗相は「微笑ましいエピソード」に変換され、事故の古傷は「ワンパクだった勲章」となり、思春期の反抗期は「誰もが通る道」と言われ、痛い恋愛は「若気の至り」で済まされる。できれば思い出したくない苦い(痛い)経験ですら、十年も経てば「そんなこともあった」と笑えるようになる。

+ + +

「50年」という時間は、あたしにとっては短かった。

この続きをみるには

この続き: 2,004文字
記事を購入する

かつて、生きることにもがいた若かりし自分に「ありがとう」と言おう。

島田佳奈(Kana Shimada)

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
「スキ」ありがとうございます!
3
作家/女豹ライター/コラムニスト。 ここでは、ブログや連載媒体では書けない「女の本音」や昔の秘蔵原稿などをアップします。 コンテンツは基本有料ですが、一部無料または投げ銭もアリ。

こちらでもピックアップされています

熟女はつらいよ!?
熟女はつらいよ!?
  • ¥400 / 月
  • 初月無料

レベル51(2020年現在)の熟女・島田佳奈が実際に遭遇した「熟女ならでは」の辛辣さから旨味まで、包み隠さずリアルに語ります。 意外と知られていない「熟女の生態」について、色眼鏡を外せること間違いなし! 似たような悩みを抱える同世代の熟女、これから熟しはじめるアラフォー女子、パートナーが熟女の男性諸君は特に購読推奨。