見出し画像

熟女と婦人病の複雑な関係

以前、当コラムで語った爆弾のつづき。

昨年春、ドクターから「手術」を提案されて以来、あたしは毎月重い月経に苦しみながら「子宮摘出すれば、この苦しみから解放される」と自分に言い聞かせてきた。

だけど手術はしたくない。こんなポンコツな子宮でも、喪失するのはためらわれる。
子宮が痛みで存在を主張するたび「切らないでー捨てないでー」と叫んでいるような気がしていた。

だがQOLが著しく落ちている現在、このまま放置しておくわけにはいかない。
重い腰を上げ、ようやく再検査に行った。

この続きをみるには

この続き: 1,955文字
記事を購入する

熟女と婦人病の複雑な関係

島田佳奈(Kana Shimada)

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
「スキ」ありがとうございます!
2
作家/女豹ライター/コラムニスト。 ここでは、ブログや連載媒体では書けない「女の本音」や昔の秘蔵原稿などをアップします。 コンテンツは基本有料ですが、一部無料または投げ銭もアリ。

こちらでもピックアップされています

熟女はつらいよ!?
熟女はつらいよ!?
  • ¥400 / 月
  • 初月無料

レベル51(2020年現在)の熟女・島田佳奈が実際に遭遇した「熟女ならでは」の辛辣さから旨味まで、包み隠さずリアルに語ります。 意外と知られていない「熟女の生態」について、色眼鏡を外せること間違いなし! 似たような悩みを抱える同世代の熟女、これから熟しはじめるアラフォー女子、パートナーが熟女の男性諸君は特に購読推奨。