第13回

いつの世も変わらない「中年らしさ」と、時代とともに変化する「熟女らしさ」

ついこの間(でもないが)昭和から平成になったかと思ったら、あっという間に30年。今年レベル49になるあたしは、いよいよ人生半世紀カウントダウンだ。

年の初めは、否が応にも己の年輪を意識させられる場面が多くなる。

子供のいないあたしは、正月に親族が集まった際、姪の成長を見て時の流れを実感する。この間まで赤ちゃんだったのに、もう大学を卒業し社会人になった姪(次女)。仕事で来れなかった姪(長女)のほうは20代半ばで、もう結婚している。

ここ数年、成人の日にSNSで見かける「うちの子も二十歳になりました」という投稿も、時の流れを実感させられる。同年代の友人のお子さんが成人したということは、友人自身も母親(もしくは父親)歴20年になったということだ。

晴れ着姿の写真を見るたび、あたしは「成人してからもう○年かぁ……」とため息をつく。いつまでもわが身になぞらえる視点は、子供を持たない身軽な立場ゆえ。若者からたいして成長もしないまま、気がつけばとっぷり中年の域に達してしまった。

+ + + + +

どんな中年も、当然ながら若者だった時代がある。

この続きをみるには

この続き: 1,703文字
記事を購入する

いつの世も変わらない「中年らしさ」と、時代とともに変化する「熟女らしさ」

島田佳奈(Kana Shimada)

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

「スキ」ありがとうございます!
作家/女豹ライター/コラムニスト。 ここでは、ブログや連載媒体では書けない「女の本音」や昔の秘蔵原稿などをアップします。 コンテンツは基本有料ですが、一部無料または投げ銭もアリ。

この記事が入っているマガジン

熟女はつらいよ!?
熟女はつらいよ!?
  • ¥400 / 月
  • 初月無料

レベル50(2019年現在)の熟女・島田佳奈が実際に遭遇した「熟女ならでは」の辛辣さから旨味まで、包み隠さずリアルに語ります。 意外と知られていない「熟女の生態」について、色眼鏡を外せること間違いなし! 似たような悩みを抱える同世代の熟女、これから熟しはじめるアラフォー女子、パートナーが熟女の男性諸君は特に購読推奨。