現代はブロックチェーンを使いNFTでデジタル資産を高額に販売できる時代です

NFTとは偽造不可な鑑定書と所有証明書付きのデジタル資産(データ)です。芸術作品などに対する鑑定書と、著作権が保護できるようなものです。

今までのデジタルデータは簡単にコピーや改ざんが可能でしたが、ブロックチェーン(分散型台帳)上で発行・取引されるので不可能になりました。

NFTの利用方法は①作品を作る→ツイッターのつぶやきなどでも可②仮想通貨のETH(イーサリアム)でガス代(送付手数料)の約5000円を支払い、NFTを上場するようなNFTマーケット(取引所な感じの市場)に登録・販売します。

これをするには仮想通貨のウォレット(財布)も必要で、有名なメタマスクなどになると、詐欺ウォレットもあるので注意です。

しかし実際は有名人なインフルエンサーなどしか売れないと思います。今はインフルエンサーな人たちが、NFTなどを使い、多くの資金を得ています。

「ウェブの父」バーナーズ・リー氏、ソースコードのNFTを約6億円で売却
https://japan.cnet.com/article/35173208/

字幕:「NFT」ブームをあおる、75億円デジタルアートの買い手
https://www.afpbb.com/articles/-/3344218

1SECがデジタルファッション(NFT)分野で日本最大級のブロックチェーンゲームを運営するCryptoGamesとパートナーシップを締結。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000018.000044158.html

NFTマーケットプレイス「ユニマ」7/6(火)にスペシャルイベント開催!YouTubeで生配信決定!
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000015.000024306.html
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!