見出し画像

スマートホームで、ストレスの少ないおうち時間を。おすすめガジェット5選をご紹介。


コロナ自粛生活も、もうすぐ1か月。

この調子だと5月もずっと自粛生活が続くような感じですね。
何とか5月で収まってくれればいいのですが、そんなにうまくもいかない香りがプンプンと漂ってきています。

そこで、IoT系のスタートアップでインターンを1年以上している僕の立場から、おうち時間をストレスフリーにするようなおすすめガジェット5選を紹介してみようと思います。

時間もお金も有り余っているこの時期にお手軽にスマートホーム、始めてみませんか?

1.「おうちのAI秘書」Google Home mini

お手軽にスマートホームを体験したいなら、やはりスマートスピーカーがおすすめです。

「OK, Google、音楽かけて」
「アレクサ、タイマーを設定して」

など、日常のあらゆる部分で手助けをしてくれます。
小さな秘書さんです。

スマートスピーカーはAmazon EchoとGoogle Homeの2強時代となっていますが、私がおすすめしたいのはGoogle Homeです。

Google Homeシリーズは、5つ機種が発売されており、エントリーモデルのGoogle Nest miniは6050円で現在(2019年4月)販売されています。

Google Homeの良いところは、音声認識が非常に優れていることに尽きると思います。

少し言い間違ったり、かんだり、違う言い回しでお願いしても、Google Homeはちゃんと認識してくれる場合が多いです。

気になる方は以下のリンクからどうぞ。
アフィリエイトリンクなどではないので、ご安心を。


2. 「スマートスピーカーのよき相棒」Nature Remo

2つ目にご紹介するのは、スマートリモコンと呼ばれるものです。

実は僕のインターン先でもあるので贔屓目になってしまいますが、ご容赦ください。

スマートリモコンは、外からエアコンをつけることが出来たり、自動で家電が動かせる、文字通り「賢い」リモコンのことです。

このスマートリモコン、実はスマートスピーカーと連携でき、家電を動かすことが出来ます。

「OK,Google、テレビをつけて」
「OK,Google、照明を消して」

など、声で家電を動かせます。

赤ちゃんのいる家庭は非常に役立つはずです。

中でも、Nature Remoはプリセットが多くついており、セットアップが簡単です。
さらに、センサーも多く、部屋の温度が20度より低くなったら暖房をつけるといった操作もできます。

いかにリンクを貼っておくので、気になる方はご覧ください。


3.「スマホを鍵にする魔法使い」Qrio Lock

3つ目に紹介するのは、スマートロックです。

スマートロックは、玄関の扉に設置することでスマートフォンから鍵が開けられる優れものです。

さらにハンズフリー開錠機能も付いていて、スマートフォンが扉に近づくと勝手に開錠され、扉を開けることが出来るのです。

重い荷物を持っていたり、赤ちゃんを抱きかかえているときでもスムーズに扉を開けることが出来ますね。

スマートホームはこのようなちょっとしたストレスから、僕たちを解放してくれます。

しかし、スマートロックのおかげで家から閉め出されてしまったなんて言う悲しい事件が起こってしまうことも。。。

寒空の中、家から閉め出されるのは非常につらいものがありますね。

詳細は、以下の記事をどうぞ。


4.「カーテンレールを走る小人」mornin'plus

めざましカーテンと呼ばれるこの製品、ご存じですか。

mornin'はカーテンレールに取り付け、設定した時間にカーテンを開けてくれます。

朝日を浴びると体内時計がリセットされて気持ちよく目覚められるという話は、一度なりとも聞いたことがあるかと思います。

体に夜が来たということを伝えるメラトニンというホルモンの分泌が、光によって止まるので、目覚めが良くなるようです。

コロナ期間で生活が乱れてきたという方や、朝が苦手なねぼすけさんは買ってみてはいかがですか。

ちなみに僕も朝が超絶苦手な人間なので、mornin'は今一番欲しい。。。


5. 「眠りを見守るデータマン」withings sleep

最後です。

これも睡眠関連のガジェットで、ホームページには、「スリープセンシング&ホームオートメーションパッド」と記載があります。

withings sleepはベットの下に設置し、睡眠サイクルの分析や、心拍数の追跡、いびきの検出なども行ってくれます。

そして、それらを総合した睡眠スコアを出してくれるのです。

これも朝起きるのが苦手な僕には、非常に役立ちそうなアイテムです。

また、IFTTTと呼ばれるサービスと連携して、照明のON/OFF、エアコンの温度の上げ下げもできるようです。

睡眠の質を上げるアイテムとして素晴らしいのではないでしょうか。

公式サイトはこちらです。ぜひ見てみてください。


番外編.「時を彩るおしゃれさん」LaMetric Time

最後じゃねえじゃねえか! と言われそうですが、もう一つだけ。

Lametric Timeはドット調のディスプレイを持つ、とってもおしゃれな次世代型スマートクロックです。

実際、世界三大デザイン賞の一つ、retdot awardにも入賞しています。

そして、時計としての機能だけではなく、様々な情報をここにのせることが出来ます。

天気はもちろんのこと、FaceBookのいいね数やYoutubeの登録者数まで見れるそうです。

さらに、目覚まし代わりにラジオをかけることが出来たり、ニュースを確認したりすることもできます。

すごくおしゃれでこれがあるだけで気分が上がりそうですが、値段が張るのが悩ましいところ。

199ドル、日本円で2万円以上します。
お金をためなければなりませんね。

詳しくは以下からどうぞ。


まとめ

いかがでしたか。

スマートホーム製品は、ほかにもたくさんありますが、おすすめの5(+1)つを紹介してみました。

コロナでストレスがたまったり、気分が落ち込んだりしている方は、気分転換にもスマートホーム製品で遊んでみてはいかがですか。

きっと、コロナ後も手放せなくなっていると思いますよ。

この記事が参加している募集

おうち時間を工夫で楽しく

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
自分の備忘録としてダラダラつづっています。 IoTスタートアップでライターをしています。テニス、釣り、将棋、読書が趣味です。 Twitterは@GoodWriting_JPなので、フォローしてみてください!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。