ショールーム″salon de room″オープンします
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

ショールーム″salon de room″オープンします

TRANCE shiho

弊社が仙台市内で3店舗展開していたセレクトショップ『SAKURA』『garden』『LUSH LIFE』を時代の移り変わりとともに徐々に閉店し、最後の一店舗をクローズしてから、早いものでもうすぐ5年になります。

お店をやっていた期間は15年、その後ひとりで場所を間借りして受注会だけのスタイルになって4年半。
実はトータルすると、今年でトランスは20周年を迎えます。

形は変われど、アパレル販売の仕事をこんなに長く続けることができているのは、お客様、お取引先様、歴代のスタッフたち、関わってくれたすべての皆様のおかげです。本当にありがとうございます。


そんな節目で、あたらしいことを始めることにしました。

ショールーム ″salon de room(サロン ド ルーム)″ をオープンします。


店舗を閉店したあとは、メリラボさんやroomの一角を間借りして受注会をするスタイルを続けていましたが、実はそのあいだずっと「自分のショールームを持ちたい」という気持ちはあり、でも同時に「難しいよな」という思いがありました。

私の考えるショールームとは「誰でも自由に出入りできるお店」とは違って、「完全予約制で、チャイムを押して入ってきてもらうもの」をイメージしていたので、そんな敷居の高いことをしたら誰も来なくなるのではという懸念がありました。

しかし、その背中を押してくれたのは図らずもコロナだったのです。


完全予約制の利点

2020年春、言わずと知れた新型コロナウイルスによる世界の変貌は凄まじく、「新しい生活様式」なんていう言葉も大げさではなく、すべてが「新しく」なってしまいました。

さまざまな取り組みが行われる中、弊社の受注会も例に漏れず「密にならないよう、混雑を避けるために、予約制で時間ごとに人数制限をして」開催。

一時はどうなることかと思いましたが、蓋を開けてみると、それが思いのほか「いい面」も多々あったのです。

接客をマンツーマンでさせて頂けるので、トータルコーディネートで満足のいくお買い物ができると、お客様から大好評。

受注会は私1人でやっているので、一度にお客様が集中してしまうと受注票を書くことやお会計をすることだけに自分の手を取られてしまい、ろくに接客ができないことも多々あったので、これは大きな利点でした。

混雑することなくゆったり、ゆっくりご覧頂けるので、感染対策としての安心感はもちろんのこと、気兼ねなく試着をたくさんしてみて自分に合ったコーディネートを見つけられます。

また、あらかじめお客様がいらっしゃらない時間帯も把握できているので、そこで集中して通販の方の質問に答えたり、動画を撮ったりもやりやすく、ご来店ができないお客様にもきめ細かい対応をすることができ、おかげさまで通販顧客様の満足度、リピート率がものすごく高いです。

身長や体型などもお伺いしてやり取りさせて頂いたり、素材の質感を動画で多角的に見せたりと、「着ないとわからない不安」にもできるだけ対応し、コロナで外出自粛されている方も多いですが、距離に関わらず近隣にお住まいの方でも動画を観てリモート注文して頂けております。


このように、まさか「完全予約制で人数制限をするほうがいいこともある」だなんて、長年「お店」をやってきた私にとっては目からウロコな思いでした。
お店というものは「いつでも、誰でも、お好きな時にお越しください」と間口を大きく開けておいてナンボのもの!と思っていましたから。


ショップ(小売店)とサロンの違い

ショップ(小売店)というものは、雨の日も風の日も、お客様が来なくても、決められた時間どおりにきっちりお店を開けて、ひたすらお客様を待つということをしなければなりません。そのかわり、お客様はいつ訪れてもよく、フラッと入って眺めて、何も買わずに出ることもできるという気軽さがあります。

しかし私がやろうとしている「サロン」は、お客様にわざわざ「前もって予約をする」という手間をかけさせて、わざわざ予定の調整をして時間を確保してもらって、「オートロックのインターホンを鳴らす」という緊張を強いる、ハードルが高いものです。不便で億劫に感じる方もいらっしゃることでしょう。

行ったからには何か買わなきゃいけない感じがする、という怖さもあると思います(実際のところは、いろいろ試着してみたけど「考えます」という方もたくさんいらっしゃいます。もちろんそれで構いません。そこは普通のお買い物と同じです)。


けれど、コロナ禍の中、わざわざ予約を入れて足を運んでくださる貴重なお客様を接客していて思ったのです。もっときちんとおもてなししたいと。

間借りの場所ではなく、私が作り上げた居心地の良い空間へお招きしたいと。

私のところで長年お買い物してくださっているお客様は、数にすると決して多くはありません。さまざまなハードルを超えて、シーズンの半年も前に予約をするという特殊なお買い物方法を選んでくださっている稀有な存在です。はっきり言ってレアです。貴女たちレアだよ!!笑

そんなレアなお客様たちと、もっと密に(時代的にアウトなほうじゃなくて精神的に)、「こんな贅沢にお買い物ができるなんて!」と喜んで頂けるような、特別な体験をして頂ければ。

そして、わざわざハードルを超えていらしてくれたからには全力で、最高のお気に入りを見つけられるサポートをしたいと思っています。

その人の個性や、ニーズや、生きている環境にぴったりと合った、「買ってよかった!」と思われるものを見つけ出すお手伝いができると自負しています。


美容室も、ネイルサロンも、エステも、予約をして行きますよね。そのために予定を調整して、その時間を余裕をもって空けて行きますよね。
飲食店も、「いいお店」に行く時には予約をして行きますよね。
そんなお買い物の仕方もあっていいと思うんです。

用事と用事のあいだに、サッと寄って、パーっと見て、試着しないでサッと買うような、そんなお買い物ももちろん時には必要だと思うけど、ワクワクするイベントのような特別なお買い物の日もあっていいと思うんです。

そのための、「わざわざ予約をしてでも行きたくなるサロン」を、作ります。

居心地のいい空間で、おひとりおひとり、ゆっくり接客させて頂くつもりです。

敷居が高いこと、やらせていただきます!


行ってみたい!と思うかたは初めての方でももちろん大歓迎です。ぜひご連絡くださいね。インスタのDMからも承ります。



4/29(木)オープン予定


Riybes受注会、
MIFUNE/KROFUNE/APON受注会は
新しいショールーム ″salon de room″でお披露目予定です。

場所はまた改めてお知らせいたします。
メリラボさんから程近いので皆さん来慣れている辺りです、ご安心くださいね。

この4年半、メリラボさんにはとてもお世話になりました。4/25までは引き続きメリラボさんにての受注会となりますのでよろしくお願いします。


***

実はこの半年以上の間、ずーっと物件探しをしていました。広い庭付きの一軒家とかも見に行ったり(とてもステキだったんだけど立地が不便すぎて諦めました…)、人が住んでいる部屋に向かって「どうかそこが空きますように」と念を送ったり(笑)、思い切って「自宅兼」にしよう!と迷走したりしながら、やっと見つけたお気に入りのところです。お楽しみに〜


ゆくゆくは、ファッション以外のあらゆるカルチャー発信の場にしていきたいという目論見もあったり。

そもそも「サロン」とは「集う場所」「社交場」の意味を持つので、隠れ家的に人が集まる場所にしていきたいと思っています。

この時代だからこそ、人と人とが対面で逢えるありがたみを感じて。

21年目は革新的に!

salon de room、ご期待ください♡


画像1




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
TRANCE shiho

スキやシェアして頂ければそれでじゅうぶんです♡

私もスキー!
TRANCE shiho
仙台市のアパレル小売業(有)トランス代表取締役。 アパレルブランドを15ブランドほど完全予約制サロンにて受注会スタイルで取り扱いしています。 『salon de room』 仙台市青葉区国分町2-8-15 デュプレックス仙台902