見出し画像

GWの小笠原諸島から帰ってきました②

絶景プロデューサー詩歩

こんにちは、絶景プロデューサーの詩歩です。

前回に続き、小笠原のリアルなレポート2記事目です。

平成最後の夕日と、令和の初日の出について

図らずも、この記念すべき日を小笠原諸島で迎えることに。

平成最後の夕日は、場所を車で移動しながら選び、扇浦海岸で撮影してみました。

小笠原は似たようなビーチがたくさんあって名前を忘れがちなんですが(笑)、この扇浦海岸は海岸から魚が目で見えるほど、釣りがしやすい場所。

この写真に写ってる男の子も、実は投網で魚を撮ってた人でした。投網を投げる練習中らしく、全然釣れてなかったんだけどね(笑) この日はイワシがいっぱい泳いでました。

令和の初日の出は、傘山という場所から。

現地でお世話になっていた「竹ネイチャーアカデミー」代表の竹澤さんに「明日、初日の出なんですよ!」と言ったら、観光地化されていない場所へ連れて行ってもらえました。

本来わたしが行こうと予定してた場所からは、この時期ご来光はみえなかったらしく、、、聞くべきは地元の方だね・・・😭✨

日の出を撮る予定をしてなかったので、望遠レンズがなかったのが残念😭

ちなみに、小笠原はゆるやかな「島じかん」で過ごしているので、令和の年越しムードは一切なく、私もtwitterを見なかったらうっかり忘れちゃうところでした。

令和の初日の出で、海からのご来光が望めたのが小笠原だけらしく(新潟も見えたのかな?山からのご来光だった気がするけど)、テレビ局各社から「この映像を使わせてくれ」と連絡がきました。

この続きをみるには

この続き: 3,394文字 / 画像20枚

記事を購入

300円

購入済みの方はログイン
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
絶景プロデューサー詩歩

いつもご覧いただきありがとうございます☺いただいたサポートは、より新しくて面白い絶景情報をお届けできるよう、取材費として活用させていただきます。