見出し画像

観光地を「◯◯のマチュピチュ」「◯◯のウユニ」と表現するのは、もうやめないか

この続きをみるには

この続き: 5,014文字 / 画像12枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
初月無料です。記事単体は高い金額に設定しているので、購読いただいたほうがオトクです☻

2018年5月開始。月8-10本程度配信予定です。「旅行に関するSNSマーケティング」「イケてるプロモーション事例」「絶景の発掘方法」「ど…

SNSでは発信していない「マーケティング」「観光について考えること」「プライベートな話」「特に仕事のグチ」をゆるくお送りしています。月額マガジンでも、毎月こんな記事を8本程度お送りしていますので、購読を検討している方はぜひ!

お試しパックの要望をいただいたので作ってみました。まるっと500円なので、単品で買うよりも安くお読みいただけます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いつもご覧いただきありがとうございます☺いただいたサポートは、より新しくて面白い絶景情報をお届けできるよう、取材費として活用させていただきます。

からの?
79
絶景プロデューサー/書籍「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」シリーズ累計63万部ありがとうございます/静岡県観光大使、浜松市観光大使🗻 仕事のお問合せはブログよりお願いします→http://shiho.me/

こちらでもピックアップされています

初めての方へお試しパック
初めての方へお試しパック
  • 13本
  • ¥500

お試しパックの要望をいただいたので作ってみました。まるっと500円なので、単品で買うよりも安くお読みいただけます。

コメント (4)
テレビでも、「日本にもウユニ塩湖があった」と取り上げられてるのを見たことがあります。
確かにきれいなところでしたが、ウユニと比べると…って思ってしまいました。
ちょっと残念でした( ノД`)…
初のコメントを失礼します。
観光地の絶景を否定する訳ではないのですが、本家に似ているからといって「◯◯のマチュピチュ/ウユニ」とは、どうかと思います。
個人的意見ですが…(^^;)そこの良さをもっと違う表現でPRして欲しいと思います。
詩歩さんの投稿で満足してますが、遺跡等が好きなのでピラミッドにスフィンクス、アンコールワット、マチュピチュ、ナスカ地上絵など本物の絶景をいつか実際にこの目で見に行くのが夢ですヽ(^。^)ノ
現地には行けなくても、似たような場所を体験できるのは大切なんだなと思いました。でも、本家とは違うということを自覚して、改めて絶景とは自分で体験しなければいけないんだなということもわかりました。勉強になりました。
観光地だけでなく、例えば野球で「○○のダルビッシュ」なんてのも同じように使われますね。ひと目ていいピッチャーなんだな、と読み手に思わすことができるので。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。