見出し画像

フキのトランセンデン樽vol.4「やっぱ丸ペンかなぁ」

いや、寝たがな。朝も、寝たがな。
起きられませんでしたね!疲れかな!
なぜか娘がひっさしぶりに泣き起きしました。1時間くらい抱っこしてぐずぐずと泣いてました。
すごい不思議なのは私が抱っこ担当に選ばれてて、妻は抱っこさせてもらえてませんでした。いつもと逆。
怖い夢みたんかなぁ?妻から怒られた夢?
ジェ フェ アン コシュマー。
コシューマーハ


久方の娘お昼寝が成功したのでその時間で比較してました。
ロットリングは髪の毛よりも細い金属芯を通ってくるからか若干不安定で、丸ペンよりも径が大きいのでなんだかぼんやりした感じがあります。この比較でも同じ薄さのはずなのに、ロットリングを通ると薄くなってしまうんです。フィルターとかないんですけどね。不思議。
もちろんこのぼんやり感が柔らかさを出してくれるいい部分でもあります。
丸ペンはキリッとしてますね。

そもそもロットリングは0.1mmのはずだけど、流石に純正のインクではないし無理があるかなって感じ。
丸ペンは針の様な先で刺す様に描くから小さいですよね、正真正銘0.1mmって感じ。窪みを作ってインクを埋めてる様な感じだからキリッとしてるのかな、
今回の絵は「手」や「ネズミの手足」が小さすぎるので丸ペンすかね。
メリデメを比べるとこんな感じ
ロットリング
メリット:ペン型でインクボトルがついてるのでいつでもどこでも運べるしすぐ描ける。
デメリット:手入れをしないと詰まる。丸ペンよりも太い。替えが高い。色の変更が大変。薄い色が不安定。
丸ペン
メリット:点が小さい。替えが安い。色変えが楽。
デメリット:インクボトルがないのでインクボトルが別で必要。インクの出が不安定(なぜか出ない時がある)インクを入れて持ち運ぶちょうどいい入れ物がない!
こんな感じですが、この「インクを入れて持ち運ぶちょうどいい入れ物がない」が1番の問題。
会社とかの休憩時間で描くときはさっと移動してさっと片付けられないといけないんですが、漏れず、小さく、丸ペンがサッとインクをさらえる容器がいいの見つけられてなくて。
深すぎるとか、入り口が小さすぎるとか、大きすぎるとか。
蓋が開いちゃうと墨出てしまうからえらいことなるし、ちょうどいいの、探してるんですわ。
漏れず、小さく…それさえあれば。
探せ俺!容器の専門店ないかな、、

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ハッ!ハッ!ンナッ!ンッパン!ンナ!
7
宝生乱汰(hosho randa)・宝生浮紀(hosho fuki) 東京藝術大学油画科卒業・同大学院技法材料研究室修了 HP http://ecaki-randa.com 連絡先:note@ecaki-randa.com