見出し画像

「つれぇすぎるから生き方も描き方も変わってこう」

先日のトランセンデン樽で書いた「つれぇすぎる」
ほんとにめちゃくちゃつらい。

時間があったらそれは辛くなくなるかと言われればそうではないと思う。
つれぇすぎる。

楽しく描ければいいやって方向変えたのにまた辛い。つまらない。退屈。めんどくさい。楽しくない。

兎にも角にも自分の二律背反がえぐくて、これは生きてきた上でそのギャップが広がったまま固定されてしまったからだと思うがなかなかにつれぇすぎる。

生活の面では幸せこの上ないのに趣味の部分が邪魔すぎる。こんなもんはいらない。趣味が自分の首を絞めまくる。ぶつんと切れてしまいそう。

とにかく楽に楽しくかつ円滑にスムーズに滑るように素早く着実に。

こうすればいいってことはわかってるはずなのにどういうわけかその真逆に進んでしまう。
たしかに「迷った時は困難な方を選べ」的な思想はこの世界に存在するが私はそんな挑戦をしたいわけでは無い。

ただ楽しみたいだけなのに、なぜ私は私の邪魔をするのだろうか?

バカなん?

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ハッ!ハッ!ンナッ!ンッパン!ンナ!
7
宝生乱汰(hosho randa)・宝生浮紀(hosho fuki) 東京藝術大学油画科卒業・同大学院技法材料研究室修了 HP http://ecaki-randa.com 連絡先:note@ecaki-randa.com