見出し画像

そうまでして絵を描く疑問。もう描くことが足枷になってしまった。

朝起きて、妻と少し話す
「昨日何時に寝た?」
私と妻は娘を寝かしつける時に寝落ちすることが多く、そのあと起きてたのか確認し合う。

朝寒かったとかいびきすごかったとか他愛もない話をする。

隣同士やっすいソファーベットに座ってニュースを見ながらコロナがどうとか天気がどうとか話す。

会社に出かけ、仕事をする。
帰ってくると娘と妻のお出迎えがあって、日によって私が娘の面倒をみるか晩御飯を作るかは変わる。
妻の仕事の愚痴や出来事を聞きつつ、娘と遊ぶ。

ご飯を食べると、お酒を飲んで少しダラダラする。
最近は少し早めにお風呂の準備をする。
うちの娘は夜が遅く、10時を回っても起きてることが多い。なるだけ早く寝てもらいたい。

まずは私と娘でお風呂に入る。娘をジャジャっと洗って湯船に入れて、私が洗いだしたくらいで妻が入ってくる。

妻が湯船に浸かって娘と少し遊ぶ、洗い終わった私と入れ替わる。

妻は私より少し洗うのが長い。

妻は先に上がる。部屋を少し片付けたり寝る準備をする。

私は娘と風呂上がりの片付けの儀式に付き合う。
娘は妻の真似をして元あった場所にしっかり順番通り片付けないと気が済まない。

少し体が冷える。

娘「綺麗になったよー」
妻「まぁーお餅で!」

妻は娘をお餅と呼ぶことがある。お餅みたいにぷりぷりでかわいいからだ。

みんなで着替えたら布団へ行く。
最近は娘も寝る時間を認識してきて割と寝にはいるのが早い。

少しふざけたりして、寝入りの余韻を楽しむ。
寝落ちなかったときやアラームで起きた時は妻を起こして晩酌をする。

YouTubeの娘が見せてくれなかったやつを見ながらダラダラと過ごす。妻が疲れていると保育園の連絡帳を私がイラストを添えて描く。

0時を回れば寝る。

完璧に幸せだ。
仕事の不満も、これからの不安も無いわけではない。でも、これは幸せだ。

もし、絵を描くとなると、

朝起きて絵を描く。
妻の話し掛けに上の空で答える。
聞いてないでしょ、と皮肉をいわれる。

出かける寸前まで絵を描く。うまく行ってない時は少し不機嫌。

仕事の休憩中も休まらない。短い時間で絵を描いて、なんか疲れる。

家に帰ってきて少し絵を見たら、娘が寝るまで一緒にあそんだりして、寝落ちて、起きたら晩酌をしながら絵を描く。

妻の隣にはいるものの絵を描いてるのでYouTubeやらドラマは流し見。
妻も少しつまらなそうにしている。
妻が0時を過ぎても少し起きている。
私が寝ないからだ。

1時ごろまで描くと
「寝みよ、寝みよ」とつまが鳴く。

15分くらい妻が「寝みよ」と鳴く。

私が1時半頃ベットに入ると寝ぼけた妻が「寝みよ」と二、三回鳴く。

妻はロングスリーパーな方なので、寝不足が溜まると週末の午前中から午後にかけて身動きが取れなくなる。

絵が上手くいかない時、中断したくない時、そういう時はイライラもしてしまう。

ストレスが溜まる、時間が無くなる、幸せが少なくなる、特に評価されるわけでもない、お金を産むわけでもない、

いいことが何もない。

なんだこれは。

もちろんやり方が下手くそなだけだ。
能力もそんなにないんだろう。

でもこんなんならやる意味はない。
絵との付き合い方をガラッと変えないと、だいぶしんどい。

このクソのような呪いみたいなもんをどうにかこうにか解かないと。
マイナス宇宙並みにガラッといこう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ハッ!ハッ!ンナッ!ンッパン!ンナ!
19
宝生乱汰(hosho randa)・宝生浮紀(hosho fuki) 東京藝術大学油画科卒業・同大学院技法材料研究室修了 HP http://ecaki-randa.com 連絡先:note@ecaki-randa.com