見出し画像

⑤Azure DevOpsを利用してAllure x Pytestを使ったテスト自動化環境構築(Microsoft Teams通知設定編)

SHIFT Group 技術ブログ

こんにちは、自動化エンジニアの竹川です。

前回のAzure Storage構築編はいかがでしたか?今回も引き続き「Azure DevOpsを利用してAllure x Pytestを使ったテスト自動化環境構築」をご紹介したいと思います。


本記事の目的

前回の章ではAzure Storageというサービスを利用し、Azure Pipelinesから静的コンテンツを公開するための環境設定をしました。

今回の章では作成したパイプライン実行後の結果をMicrosoft Teamsへ通知するためのPost To Office 365 ConnectorのインストールとIncoming Webhookについて解説させていただきます。

Post To Office 365 ConnectorはVisual Studio Marketplaceで公開されているAzure Pipelinesで作成したパイプラインからOffice365コネクタに結果を通知するためのプラグインとなります。 Incoming WebhookはTeamsと他アプリケーション、サービスと連携してTeamsのチャットへメッセージを送るためのTeamsの機能となります。

これらはAzure Pipelinesを開発するうえで一般的に利用されるものなので是非、活用していただけると幸いです。

Azure Pipelines とMicrosoft Teams連携の目的

CI/CDでパイプラインを作成だけで終わってしまうと意味がありません。DevOpsの目的はサイロ化した作業を各部門と共有してギャップを最小限にする事です。 また、テスト結果の通知と静的コンテンツにアップロードされたURLが紐づいていない場合、各担当者からテスト結果のURLについて問い合わせが来てしまい、せっかく自動化したものの問い合わせという時間に取られて運用にそぐわない状況に陥ります。

これらを解決するためにパイプラインの結果通知が必要という事で1例として「Microsoft Teams」との連携方法の一例をご紹介した次第となります。 ちなみにデフォルトでメール通知は設定されているため、メールとTeamsの使い分けなど運用に合わせて使い分けしていただけると幸いです。

Microsoft Teamsの設定

1.Post To Office 365 Connectorインストール

Post To Office 365 Connector - Visual Studio Marketplaceへアクセスし「Get it free」ボタンをクリック

ログイン画面が表示されるので適切なアカウントでログインしてください。

組織を選択し、「install」ボタンをクリック

「Proceed to organization」ボタンをクリック

しばらくすると以下画面へ遷移して完了となります

2.Incoming Webhookの設定

Teamsへログインし、通知用のチーム > 「...」 > コネクタを選択

コネクタ一覧にて「Incomming Webhook」の行の「追加」ボタンをクリック

小ウィンドウが表示されたら「追加」ボタンをクリック

しばらくして対象のチームを選択 > 「...」 > コネクタ > Incomming Webhookの行の「構成」ボタンをクリック

名前に任意の文字を入力して、「作成」ボタンをクリック

発行されたURLを控えて「完了」ボタンをクリック

再び構成を確認すると以下のように構成済みと表示されたら完了となります

次回のお知らせ

今回はここまでとなります。

パイプラインの結果通知をするためのMicrosoft Teamsの設定方法について対応しました。 もう少しでパイプラインに向けての準備が整うところですので、しばらくお付き合いください。

次回は、【⑥Azure DevOpsを利用してAllure x Pytestを使ったテスト自動化環境構築(Azure Pipelines構築編)】 をご紹介したいと思います!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


執筆者プロフィール:Shinya Takekawa
前職ではERPパッケージのクラウドサービスの運用を3年経験 SHIFTでは、自動化エンジニアとして入社し、RPA、CI/CD、テストプログラム開発など案件に応じて従事しています。
得意な事としてはTerraform、Ansibleを使ったインフラ構築の自動化技術です。 CI/CDを中心とした自動化の技術に興味があり、日々勉強をしています。 研究した内容を広めて皆様に貢献できたらと思っています。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
SHIFT Group 技術ブログ
「無駄をなくしたスマートな社会の実現」を目指し、ソフトウェア製品の開発、運用、マーケティングなどあらゆる立場から携わるSHIFT Groupの公式note。エンタメ・ゲーム業界から、Web系、金融/製造/小売りなどのエンタープライズ業界まで広い知見を活かした情報を発信しています。