見出し画像

精神科医Tomy著『ストレスをぶっ飛ばす言葉―心がスッキリする100のアドバイス』。

松下史枝

kindle版。

また、Tomyの作品です。

すみません、積読を一気に3冊読んだんで、ドラマの感想とかの間にどんどん入れていきます。

って残り1冊ですけど。

で、この本。

2つ程、大変心に刺さった文章がありました。

どうにもならない事もたくさんあって、大変な昨今。

こんなときに役に立つのは、
ナルヨウニ三姉妹。
「なるようになる」
「なるようにしかならない」
「なるようにする」
お好きな言葉をつぶやいて、日常を過ごしましょう。

そうなんですよねー。

自分の範囲でどうにもならない事って悩んでも仕方がないんですよ。

でも、それをグジグジ、ウジウジしてしまう事があるのも事実で。

そういう時に呟きたいものです。

もう1つは、

イヤなことが起きたら、
ふう、やれやれ、これでまた一つ心が丈夫になる
と呟いてみましょう。
ちょっとは楽になるわよ。

後悔しない良い方法ですね。

自分は、割と嫌な事があったら、回避する為にこうしたら良かったんじゃないかとか、変わりようのない過去をグルグルとああしたら、こうしたら、みたいなシミュレーションをしてしまう癖があります。

もう過去は変えられないし、どうにもならないのに。

なので、『ふう、やれやれ、これでまた一つ心が丈夫になる』っていう考え方はちょっと目から鱗。

嫌な事があっても、前向きに自分が丈夫になると考えるって凄い方法だなと思いました。

あとは、前回の読書感想文で書いた

お父さんに相談しても笑って知らんって言われるって話とかも入ってて。

改めて良い言葉だと思いました。

前回の本より、こちらの方が読みやすかったというか、本意が伝わってきやすかったように思いました。

Twitterの記事を解説する1ページ1ツイートよりも、この本は100個なので、1つ1つの解説が濃いです。

その分、腑に落ちるとか、納得しやすいというか、元気を貰いやすいです。

オススメ。

#読書感想文

この記事が参加している募集

推薦図書

読書感想文

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
松下史枝

もしよろしければサポートをお願いします。 頂いたサポートは記事にしている読書感想文の本購入などnoteでの活動費に使わせて頂きます。