「フミンズ」2021年10月9日の日記
見出し画像

「フミンズ」2021年10月9日の日記

しば

・明日は何の日かと言うと、半年に一度ある情報処理技術者試験の日です。半年に一度と言っても、それは資格の種類によって違っていて、わたしが受験するデータベーススペシャリスト試験は1年に1回、この10月の試験でしか受けられない。


・そういうわけで今日は朝起きてから翌日まで、ずーーーっと勉強していた。こういう勉強のスタイルを何と言うか。一夜漬けです。
・一夜漬けするつもりは全然なかった...。勉強自体は先月には始めていた(それでも遅いが)...でもさ、よりによって試験前の一週間が土日とも出勤になって、しかも平日は毎日帰りが遅くなるなんてさ...思わないじゃん...。


・ちなみにこういうことを見越してきちんと計画性をもって勉強できるのが大人です。みんなは大人かな?わたしは違うよ。


・これで全く勝算がなかったら潔く諦めて勉強しないのだけど、すべてを中途半端に理解しているので勉強したくなってしまう。
・書く出題分野のシラバスに沿って、全般的な知識の復習と、過去問を解いてく。過去問を解く上でのわたしの試験勉強のスタイルは、

①設問(問い)を読む。
②回答を見る。
③問題文を読む。
④解説を読む。

という流れ。これが最短で問題の解き方を勉強できる気がする。もちろんこの前提として、教科書的な知識は全部一周は勉強済み。
・過去問を解く時に大事なのは解き方のスタイルを身に着けることで、正しい知識は解説を読むことで身に着けられる。


・とにかく上記の流れを繰り返していた。


・土日が不眠になることは覚悟していたので夜も徹してずっと勉強していたのだけど、翌日(日曜)の午前5時過ぎにいよいよ眠気がダメな感じになってきたので、午前5時半から6時半まで自分に睡眠を許した。もしここで朝まで寝てしまって試験会場への入室時間(10:30)に間に合わなくなったら完全にアウトなので、よくぞ自分はこんな大胆なことをしたと思う。無事に起きられたけど。


・これは今後何かを受験される方々に言いたいのだけど、勉強のスケジュールを立てるときに、まんべんなくバランスよく勉強するスピードで計画を立てて、試験直前に過去問を解くフェーズが完了、なんてスケジュールを立てると、仕事などでイレギュラーが起きて時間が取れなくなった時に終わってしまうので、スケジュールには絶対にバッファ(余裕)を持たせましょう。


・そしてそのバッファを自分の甘やかしに消費することなく(今日はなんとなく疲れたから明日やろうとか)ほんとうに非常時に使うことができるかは、胆力にかかっています。これはもう”気”です。ロジックではありません。甘えようとする自分を参考書の角でぶんなぐってください。できるだけ強く。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
素敵なネイルですね💅
しば
■音大卒SEの日記を書いています ■フルート奏者に憧れて音大に入学し、学芸員資格を取得して卒業 ■卒業後は都内のIT企業でエンジニアとして勤務しています ■ブログ「世の中ね、顔かお金かなのよ」https://www.shibablo.com/ ■ああああーーーー!!!!