見出し画像

僕を作る5つの本

僕は本が大好きだ。

体感するよりも先に本がいろんなことを教えてくれた。

悪いこともよいことも。

こんなこと学べたなーっていう本を数冊紹介します。

<目次>
言葉の怖さと強さ -僕のメジャースプーン-
少し数学を好きになれた -博士の愛した数式-
違う見方の大切さ -西の魔女が死んだ-
本嫌いの人にも本好きにも読んでほしい -本を守ろうとする猫の話
本をもっと好きになれる -ビブリア古書堂の事件手帖-

言葉の怖さと強さ -僕のメジャースプーン-

画像1

ある日、“ぼく”が通っている小学校で飼われていたうさぎが、大学生のいたずらにより命を落としてしまう。彼らはうさぎの命だけでなく、うさぎを誰よりも可愛がっていた“ぼく”の幼馴染み、ふみちゃんの心を傷つけた……“ぼく”は母の家系から受け継いだ、ある特別な能力を使った復讐を考えるのだった。

「ぼく」の持つ能力は、小学生というかどんなひとにとっても持て余してしまう力…

主人公の「ぼく」と「先生」、その「先生」が「ぼく」に「”愛”とは」、「”罪”とは」、「”許す”とは」といった、僕たちが生きていく中で一度は対面するものについての問いが投げかける度に、僕の心も揺さぶられました。

「ぼく」の持つ能力は案外僕たちも持っているのかも…なんて思いつつ。

「ぼく」の持つ能力は何なのか。僕は同じ力を持っていたらどうするのか。そんなことを考えながら、読んでしまいました。

※この作品を読む前に、知っておいてほしいことがあって…
作者の辻村美月さんの他作品も時系列だったり、人物が被っている部分があるので、この順番で読むことをおすすめします。もちろん、単体でも面白いです✨※

『凍りのくじら』→『スロウハイツの神様』→『冷たい校舎の時は止まる』→『子どもたちは夜と遊ぶ』→『ぼくのメジャースプーン』→『名前探しの放課後』→『ロードムービー』→『光待つ場所へ』→『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ』


少し数学を好きになれた -博士の愛した数式-

画像2

この本では、数学を愛する「博士」と、その家政婦の「わたし」、家政婦の息子の「ルート」、3人が不器用に、やさしさをもって、気遣いあっている様子が描き出されています。

その3人の掛け合いや行動を読んでいるはずなのに、ひょっとして数字って本当に美しいのではないか……といつの間にか興味を持ち、その世界に引き込まれてしまいました。

それはきっと「わたし」や「ルート」が「博士」によって、数学に引き込まれるように、読者である僕たちも引き込まれるからでしょう。

『実生活の役にたたないからこそ、数学の秩序は美しいのだ』

という「博士」のセリフがあるのですが、なるほど…真理なのかも。と読み終わった後に妙に納得してしまいました。

数学が徐々に難しくなってきたときに、出会ったことでもう少し向き合ってみようと思えた作品。


違う見方の大切さ -西の魔女が死んだ-

画像3

図書館のおすすめ本に選ばれていたことで出会った作品。

本を読み始めてすぐに主人公の女の子「まい」が学校に足が向かわなくなっていることに、当時、なんとなく学校に行きたくないという気持ちが高まってしまっていた僕はすぐに引き込まれていきました。

家族関係や学生生活の窮屈さ、日常の物事がひどく刺激的だったり、敏感で感じられて、案外相談できないときがある。

そんなときは、たまに西の森の魔女の魔法の手ほどきを受けたいと思う。

少し疲れてしまったとき、自分の視野が狭まってきたなと思ったとき、思い出して手に取りたいと思えた作品。


本嫌いの人にも本好きにも読んでほしい -本を守ろうとする猫の話-

画像4

僕が本を読もうと思ったきっかけはなんだっただろうか。
なぜ、僕は本を読むのだろうか。

主人公「林太郎」は、本を守ろうとする「猫」に与えられる試練に、愚直に素直に『本が好きだ』という思いだけで立ち向かっていきます。

たいせつなものは目に見えないから
”星の王子様”で言われるように。

僕たちにとって大切なことはきっとたくさんあります。
その目に見えない大切なことを「林太郎」は必死に言葉にしようとします。

「林太郎」が悩んでいく中で、同じ問いに対して読者も悩む。
そんな感覚がすごく楽しかった作品。


本をもっと好きになれる -ビブリア古書堂の事件手帖-

画像5

口下手だけど、本への好奇心と豊富な知識を持つ「栞子」。そして、本を読むのが苦手「大輔」が古書にまつわる謎を解いていくシリーズ文庫。

「栞子」が披露する本に関する説明はとてもわかりやすく、簡単にあらすじを知れました。

本を読むことが苦手な「大輔」に向けて説明しているからこそ、多くの人がわかりやすく、興味を持てる説明ができているのだと思います。

新しい本に出会いたいという人は今すぐ読んだ方がいい。
本好きも楽しめて、本嫌いでも楽しめる作品。


そんなわけで、今回は個人的に印象的だった本を紹介しました。

いかがだったでしょうか?

ぜひ、読んでみてほしいなぁと思います✨

この記事が参加している募集

読書感想文

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます・:*+.(( °ω° ))/.:+
8
GradationInkライター ☞https://note.com/gradation_ink 休学真っ只中の大学3回生、ノリで生きてる😑死にたいと寄り添う グッズ作ってる/歌ってる 人生に迷走、立て直すため休学中🙌
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。