見出し画像

お金の有意義な使い方

お金の有意義な使い方は、以下のような事柄に使うこと。

1.他人との結びつきが強くなるもの
2.自分らしさがあるもの
3.経験につながるもの
4.スキルの向上につながるもの


1.他人との結びつきが強くなるもの

→プレゼント、ご飯のご馳走、交際費など交友関係を良好に保つために使うこと。

この中でも特にプレゼントは、喜ばれるし、相手が喜ぶ姿を見ると自身も嬉しくなるため、自身の幸福度にも繋がりやすく、有意義な使い方になる。

2.自分らしさがあるもの

→趣味や愛用品など自身のアイデンティティを保つために必要なものに使うこと。

自身のトレードマークとなるようなものであったり、好きなものへお金を使うことは、そもそも幸福度が高いため、お金の使用用途として1番使われているはずだ。

3.経験につながるもの

→旅行、体験学習、セミナーなど何かしらの経験として残るものに使うこと。

旅行は、移動距離が多いほど、自身の育った環境と異なるため、より良い経験に繋がる。

体験学習やセミナーなどは、なるべく単日のものではなく、数日から数週間のものなどが良い。1日ぽっきりのものでは経験として浅いため、後日その経験機会を思い出すことが少ないのに対して、合宿して得た経験は忘れづらいだろう。そのため出来るだけ数日以上かけたものなどが良い。

また、なにかを行うために必要となる道具なども当てはまる。

例えば、ゴルフクラブ、トレーニングウェアなど。


4.スキルの向上につながるもの

→読書、言語学者、トレーニングなど自身のスキルや能力向上に繋がる物に使うこと。

自己投資となるもののため、社会人だとなるべく意識的に使用すべきジャンルで、誰しもが考えている使用用途。

こちらは単発の投資ではなく、継続的に投資し続けることで、後々大きな幸福度へ繋がる。


上記以外の使い方としては、自身の手間や時間を省く効果があるものも有意義な使い方の一つだ。


お金の使い方に迷っている時、上記の4つの何れかに当てはまっているのか、よく考えてみてほしい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。 内容が面白い、または内容が薄くてボンクラだなと思ったらシェアしてください。

嬉しいです!ありがとうございます。
7
都内のIT企業勤務。自己啓発から、ビジネス、サラリーマン、恋愛、筋トレなどを記事に書いていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。