見出し画像

スマホのアプリで写真をアニメーション風に加工する方法

どうも、羊野歩です。先日Twitterにスマホのアプリでアニメーション風に加工した京都の写真を載せたところとんでもない数の反響がありました。

お気に入り1万ですって。お赤飯を炊こうかな。「詳しい加工の仕方が知りたい」という声も多かったので忘れないうちに手順をまとめておきたいと思います。今回使ったアプリは『PicsArt - フォトスタジオ』と『Snapseed』の2つです。どちらも無料で使えてiOS/Android対応なので今すぐダウンロードしてください。(ガラケーの人は『チャリ走』とかをダウンロードして遊んでてください)

この記事では上の写真を使って手順を解説していきたいと思います。京都の祇園です。夏です。

まずPicsArtを起動して「エフェクト」から加工したい写真を取り込みます。すると項目がいろいろ表示されるので「アーティスティック」をタップします。

下に表示されるフィルターの中から「ガッシュ」を選択しパラメータを調節します。最適な数値は素材となる写真によって変動するので上の画像は参考程度に留めておいてください。ただ基本的にこの段階ではあまりコントラストを上げ過ぎないほうが後々編集しやすくなります。「おっ、なんか雰囲気出てきたんじゃない?」という感じになったら右上のチェックマークをタップして一旦保存します。

ここからSnapseedの出番です。「写真を開く」からさっき保存した写真を取り込んでください。ここで使うのは「ディテール」と「微調整」の2つです。

まず「ディテール」をタップしてストラクチャをグイッと上げます。輪郭が強調されてかなり陰影が出てきました。右下のチェックマークをタップすると適用されます。

次に「微調整」をタップして全体の明るさや彩度を整えます。なんか項目がいっぱいあって難しそうですがSnapseedはパラメータを変えるとプレビューをリアルタイムで写真に反映してくれるので、テキトーに数値をイジりながら「あー、なるほど。これをプラス(マイナス)にするとこうなるのね。」みたいな感じで直感的に編集することができると思います。納得のいく仕上がりになったら右下のチェックマークをタップして保存してください。これでほぼ完成です。

あとはもう個人の好みになりますが、再度PicsArtのほうに取り込みクロスプロセスをかけて色合いを変えたり少しブラーをかけてシャープさを抑えたり(今回は省略しました)するとより雰囲気が出ます。では最初の写真と見比べてみましょう。

いい感じですね。完全にアプリのおかげです。操作に慣れると5分もあれば加工できてしまうんじゃないでしょうか。凄い時代になったものです。今後もTwitter(@sheepswalk)のほうにいろいろな写真を載せると思うので興味があればご覧ください。そして皆さんもぜひ挑戦してみてください。東京とか映えそうなロケーションがいっぱいありそうですね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

292
写真撮ってるねん。

コメント3件

やってみようと思いましたが、Snapseedが自端末に未対応でした……
写真の加工の方法に悩んでいたので、非常にありがたい情報でした。参考にさせていただきます!
このページを見て、実際に写真を加工してみました!とても楽しいです。ありがとうございました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。