Study Note―つれづれちるよしなしごと

12
記事

「ゆらぎ」の技法とADVENT CALENDAR

突然だけど、このShare StudyのStudy Noteを書くテンションをどうするかですごく悩む。そして…

100

嫌気がさすことと「ゼミっぽさ」

最近、Share Studyについてほとんど何も進められることなく(ADVENT CALLENDER 2019の準備は順…

100

ACADEMIC PARTY 2019、「7 Studies」をやります。

2019年7月23日(火)、筑波大学すぐそばにあるコワーキング「Tsukuba Place Lab」で久々のACAD…

100

「ごく普通の人」

人は環境に否が応でも大なり小なりの影響を受ける、という考えを和辻哲郎の『風土』の勉強をし…

100

地域志向教育実習プログラムSUIJI-SLPの記事編集を振り返って

約半年、編集のお手伝いをしながら作り上げてきた記事群をついに公開できた…! 高知大学の地…

100

“平成最後”に考える「大学」―ウニヴェルシタスづくりをしていくべし!

2018年度末、明治大学にて「大学フォーラム 大学の危機をのりこえ、明日を拓くために」が行わ…

100

Share Studyが喚起する「視養運動」―視点を養った先にある行為について

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

Share Study 2018振り返り&2019以降の展開―つくり続けるために…

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

研究と批評の関係―Share Studyの立ち位置の問題

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます