軍鶏

    • エッセイ

    • 労働日記  「黒服になる」

    • 労働日記 「現場作業員になる」

      学生崩れが解体工として働いた日記です。

    • 読書・映画感想文

    • 創作した何か

永遠の夏休み 1

 暑い。現場作業もしんどくなってきた。まだ4月だというのに暑すぎる。つい最近新年度が始まったばかりだというのに、4月も終わる。皆、新しい生活にほんの少し慣れてきた…

4週間前

教育実習

 先生に向いてるかも。学習塾では生徒からそれなりに好かれていた。人からも、先生に向いてると言われた。生徒の気持ちがわかる先生。そんな幻想は実習で打ち砕かれた。 …

1か月前

啓発されるべきは誰か

 4月から成人年齢が引き下げられる。これに伴い18歳19歳がAV出演契約を取り消せず出演強要が為される恐れが浮上している。法整備を求める声が上がっているが、そもそも法…

1か月前

 「その経験を通して得られた事はなんですか」。面接官の問いに、いつも言葉が詰まる。格闘技を通して得られた事。一体、何なんだろう。  病弱で気弱。スポーツもできや…

2か月前

労働日記 続

 3月。卒業の時期。これまでの生活に区切りをつけ、皆各々の場所へと飛び立ってゆく。そして新しい何かが始まる。私の同級生もまた、凛々しい正装や華やかな袴に身を包み…

2か月前

矛盾

 活気に溢れる体育館。しかし、その日だけは異様に閑散としていた。「その日」とは遡ること10年前、私が部活を辞めた日だ。  「放課後、体育教官室へ」。バスケットボー…

2か月前