見出し画像

いいあんべぇを日常に。

はじめまして。
Eanbeというアロハシャツブランドを運営しております、しもじと申します。

知らない方のために自己紹介を軽く。
私は去年の6月にアロハシャツブランドを立ち上げて、紆余曲折がありながら二期目をやっと迎えることができました。

本音を言うと、すんんンンンンンゴイしんどかった。
好きなことなのに、大好きだったはずなのにこんなに悩むなんて。

憧れていたアパレルの世界になーんにもわからない状態で踏み入れてキラキラした毎日を思い浮かべてました。

ただ、実際は全くそんなことはなくて泥臭いことばかりで。
工場とのやりとりに不備があってお客さんに迷惑をかけたり、お金管理を壮大にミスったり。

正直、思っていた世界と全然違いました。

そして何よりブランドを潰したくないプレッシャーに押し潰されそうになって、お金を稼ぐためだけにEanbe以外の仕事を増やし、大好きな友人達に会うことも減らし、気づいたら机に向かっている時間を増やし続けていました。(座りすぎて謎に前立腺炎にもなりました。)

画像5

その時に思いました。
夢だったアロハシャツブランドをやっと立ち上げられたのに自分自身が全く楽しく過ごせてないじゃんって。

僕がEanbeを立ち上げた理由はアロハシャツが本当に大好きで、着ているといい気分でいられるから。もっともっといい気分で毎日を生きたいし、アロハシャツを通していい気分になれる人を増やしていきたい。

そう思ってこのEanbeを立ち上げたはずなのに、気づいたら創業者の僕がコンセプトに沿っていないライフスタイルを過ごすという大失態を犯していました。

画像5

「好きを仕事にする」
誰もが一度は憧れることですよね。
しかしこの一年はその怖さを死ぬほど実感した一年でした。

ただ、今この記事を書きながら思い返すと嬉しいこともたくさんあった一年だったなと気づくことができました。

Eanbeに興味を持ってくれてる人が増えて、応援してくれる人が増えて、何でも言い合える仲間ができて。

キャリアハックさんにも​取材して頂けました。本当にありがとうございます。


人間みな、良いところではなく悪いところばかり気になってしまう生き物です。でもそんなのは全く幸せじゃない。

改めて僕は、何でもないような毎日を"いい気分"で過ごしたい。誰もが羨むような地位や名声じゃなくて、毎日アロハを着て夢中になって仕事をして、全力で大好きな人達とたくさん遊ぶ。そんな"いいあんべえ"な日々こそが僕の幸せです。

僕は弱い人間なのでこれからも他人に嫉妬したり、絶望を感じる事はあると思う。けど僕には心強い仲間、応援してくれる皆さん、そして大好きなアロハシャツがある。

だからこそ、「自分らしさ」をこれからは大事にして生きていこうと思います。

画像5


そんな僕のアロハシャツ第二弾を本日5月3日19:00から発売開始します。

画像4

このポップなデザインの裏には僕らの葛藤と夢が詰まっています。

とにかくブランドを立ち上げる事にがむしゃらだった一期目と比べて今日の発表に到るまで、一から全てを見直し、多くの人が生産に関わり何度も試行錯誤を重ねてきました。

僕のどうしても譲れないこだわりで、去年同様プリントで作っていたものを直前になって、染めてもらう方向に切り替えたり、コンセプト設計からデザインまで何度も何度も修正をして今日に至ります。

僕が思うアロハシャツの魅力は着心地が良いこと。そしてどんな日でも一度アロハシャツを着ることで自由でポップな気分を味わうことができること。

今世界が大変な状況にあるなかで、アロハシャツを世に出せるのか出していいのか正直な所不安もあります。

だけどこんな日々だからこそアロハシャツを着て、まずは外見から楽しい気分になってみませんか?

想像してください。ZOOM会議でアロハシャツを着て画面に映ることを。どんなしんどい会議もそのポップな風貌から場が和むこと間違いなしです。

そしてコロナが収束したその時には、仲の良い理容師さん美容師さんの所へ髪を切りに行って、大好きなアーティストのライブへ行って、銭湯に行く。

そんな日を楽しみにみんなで乗り越えていきましょう!
最後まで読んでいただきありがとうございました。

"いいあんべぇを日常に"
アロハおじさんこと 下地希一

画像5

オフィシャルWebサイト
https://eanbe.jp/
Instagram
https://www.instagram.com/eanbe_official/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

12
Eanbeというアロハシャツブランドを運営しております。(https://eanbe.jp/)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。