スクリーンショット_2019-09-05_5

ドア・ツー・ドアで16時間 リンツに来た

何度も言うようだが僕は飛行機に乗るのが本当に嫌いだ。
できるだけ飛行機にのる回数を最小化したくて、去年までは毎年世界一周航空券というのを使って海外出張を一ヶ月まとめて行っていた。

しかし、世界一周航空券は、安くていいのだが細かい制約がいろいろあって結局飛行機に乗る回数そのものを減らすことができなかったので、自由度を優先して今年は世界一周航空券を使うのをやめた。

しかしやめたらやめたで、却って頻繁に飛行機に乗ることになり、世の中はままならないものだとやるせない気持ちになる。

ただ、世の中のことをきちんと俯瞰して判断するためには、やむを得ず飛行機に乗ることも必要である。本音を言えばずっと東京か長岡に居て日々を大過なく過ごしたいのだが、目まぐるしく変わる技術の世界に身を置く以上、常に新しいもの、新しい技術、新しい情報を求めて飛び回らなければならないというのはほとんど宿命に近い。

今回は愛してやまないXPERIA1でVlog的なものを撮りながら、時にはXPERIA1で編集とかしながら行こうかなと漠然と考えていたのだが、案外自撮りしながら歩くのは恥ずかしい。

ドリキンとかよくできるなという感じである。

また、だいたい常に一人なので、ブツブツ独り言を言うアブナイ人だという感じに見えてしまうと精神的にも辛い。おれはいい年こいて何をやってるんだ。

でも、その他のユーチューバーの方々などはむしろ堂々と自撮りしながら一人で喋ってるので、これはもう慣れの問題というべきだろう。

できるだけ無言で時間が過ぎるようなVlogを作れないものか工夫したいところだ。

今回は初めてスマートフォン上での編集に挑戦してみたが、普段は横長のタイムラインで編集している身からすると、本当にこれでいいのか?と疑問が沸かなくもないが、いざやってみると、意外と縦長というのは使いやすくてビックリした。

いろんなソフトを試したが、僕的にはAdobe Rushが一番普段PCでやってる編集の感覚に近くて使いやすかった(写真は他のソフト)。

編集作業も、WF1000XM3があればワイヤレスイヤホンで編集でき極めて快適なのだ。

ただね、それはそれでいいんだけれども、コンテンツとして圧倒的につまらない。

そりゃそうだ。ただおっさんが一人で飛行機に乗って、酒のんで時間つぶして、移動してるだけなんだもの。絵も持たないし。なんだこれ

浦川くんの「ソムリンTV」とか、二人でやってるのもあるのだろうが、飛行機に乗って現地に着くまで、というだけで十分コンテンツとして成立してしまっているというのは驚くべきことである。

自分がオワコンと化してしまった時のデジタルの悲しみ。

「おれってもう少し面白い人間だったはずでは・・・」というやり場のない絶望感。

ホテルに到着して、部屋で一通り愚痴る。あ、そうだ。ドリキンはこういうときに一人で「今回はこんなガジェットを持ってきました」と自慢したりしてたな。それを真似してみるか。

と思って真似をしてみたが、16時間も掛かっているのでへとへとでイマイチテンションが上がらない。

なんだこれ。辛い。辛いなユーチューバーって。

おれって一人でいるとき、こんなに退屈な人間なのか。

絶望感しかないので動画をいつ公開するか(もしくはお蔵入りにするか)は未定です。

でも何事もやってみなければ、飛び込んでみなければわからない。

体を張って飛び込んでみるよ。この電脳世界の大海原ってやつに

そんなわけで今日からアルス・エレクトロニカです

小松左京音楽祭応援企画の「シン特撮魂#04」は今夜10時からプレミア公開


レシデント・オブ・サン
12
長岡市生まれ。プログラマーとして世界を放浪し、人類の未来に想いを馳せる男。

この記事が入っているマガジン