見出し画像

洋ゲーの洗礼がボンドを襲う【ゲーム:007 トゥモローネバーダイ (PS1)】

本作は英国スパイのジェームズ・ボンド(ピアース・ブロスナン)がビル・ゲイツっぽいメディア王と対決する映画「007 トゥモローネバーダイ」を題材としたTPS。
ニンテンドー64の名作「ゴールデンアイ007」の後に発売されたゲームという事もあり期待するヒトもいるかもしれないが、本作はゴールデンアイを開発したレア社でも任天堂でもなく、EAからの発売。そのため全く毛色の違うゲームである。

ストーリーはメディア王「カーヴァー」の野望と暴走を阻止するためにボンドが立ち向かうという大筋は映画と変わらないが、ゲーム用にかなりアレンジが施されており、ボンドが北海道に行ったり、文系っぽいカーヴァーが自らアサルトライフルを持ちボンドとガチンコで撃ち合うなど映画とはかなり異なったシーンがあって面白い。

又他にも007シリーズではおなじみの名物スキーアクションやボンドカーによるカーチェイスなども楽しめたり、映画からの映像も多数収録されオープニングテーマは映画と同じ映像がフルで収録されているという気合の入り様だ。

しかしこのゲーム、難易度の高さが仇となっている。
とにかく理不尽なくらい強いザコ兵士や、とにかく固いボス、そしてダメージを受けるたびに「アアッ!」とオカマみたいな声をあげる打たれ弱いボンドを癖のある操作でプレイしていかなければならない。そしてスキーやボンドカーのステージの操作は難しく難易度も高く、そう簡単にクリアさせてもらえない。ステージが進めば進むほどその鬼畜さは苛烈になって行く。当時ワクワクしながら買ったSF少年は本作のその地獄のような難易度で当時の理不尽な洋ゲーの洗礼を受けたのであった。

本作は純度の高い洋ゲーであり、日本の丁寧なゲームとは180度逆のセンスと内容に驚く事でしょう。でもボンドがゲームだけど北海道に来てくれたのでちょっと嬉しかったなぁ〜。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

映画鑑賞と積みゲーの資金となります…たぶん

イエーイ!!!!
1
ゲームと映画が好きで好きでたまらない30代男の「観た」「遊んだ」の感想を書きまくっているnoteです。新作からマイナーな「映画」、超名作からマニアックな「ビデオゲーム」、80年代な「アニメ」が中心です。漫画もあげたりしてます。連絡先…sf007.comic@gmail.com

こちらでもピックアップされています

SF的ゲームレビュー
SF的ゲームレビュー
  • 86本

新作よりも中古ゲーム。メジャーよりもマイナーなゲームをこっそりレビューしていきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。