見出し画像

ソフトウェア工房孫風雅 ソフトウェア言語について:VBA(その1)

ソフトウェア工房 孫風雅

ソフトウェア工房孫風雅です。

皆さんはどのような言語を触られたことがあるでしょうか?

講師は会社員時代、開発用途と利用用途とで幾つかの言語を見たり・触ったりしてきました。

そこで、これまで経験してきた事柄を少しお話させて頂きたいと思います。

今回はVBAになります。

講師は最終的にはVBAでExcelで行われていた作業を自動化する事を日常行っていました。ただ、元々はVBAとの出会いはプライベートなアイテムからでした。

当時、投資などのデータを蓄積しており、そのデータをExcelに保存していたためVBAを使用して、解析などを行うようになっていました。
その際、データ量が多くなると、ACCESSでデータを蓄積し、必要に応じて引き出して解析したりすることでExcel/ACCESSのVBAに習熟していきました。この時はマクロ・VBAの関数のみの利用で、USERFORMは利用したことがありませんでした。(単純に個人的な利用目的で、あまりユーザーインターフェースを考える必要がなかったためです)

当時からExcel上で行う手作業を、VBAで代替え実行する事で短時間化・正確化を行っていました。
Excelを会社で使用されている方は、一考の値があると思いますが、いかがでしょうか?

講師の経験が、皆様のお役に立てれば幸いです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ソフトウェア工房 孫風雅
VBAスキルを獲得しませんか? 会社内での改善・効率化の一助になります。 https://sonfuga.com