見出し画像

【ご報告】Rush Gamingに加入しました

改めまして、この度 Rsush Gaming の eスポーツアナリスト兼チームサポートマネージャーとして活動させて頂くことになりました。自己紹介と簡単な研究紹介、Rushとの出会いについて書いてみたので、ご一読いただけたら嬉しいです!

自己紹介

職業は学生です。慶應義塾大学SFCという大学に毎日楽しく通っています。「プロゲーマーのスゴさ」を解明するべく、普段は脳神経科学スポーツ精神心理学をメインに学んでいます。

ツイッターは @sfc_19 です。普段は大学関係のことだったりesportsのこととか研究のことをつぶやいてます。これからはRush関連のツイートもする予定なのでぜひフォローお願いします!!

趣味はPUBGをすることと試合観戦です。推しチームはSunSisterとWTSGで、主食はいきなりステーキです。

研究について

先ほど「プロゲーマーのスゴさ」を解明するべくお勉強している、と言いましたが、実は研究っぽいこともしています。その研究内容をツイートしたら少しだけ反響があったので一晩中ニコニコしていました。

そのツイートがこちら

ざっと説明すると、プロゲーマーとアマチュアプレイヤーでは視線探索活動(視線の動き)にどのような違いがあるのかを調べた研究です。プロゲーマーはアマチュアプレイヤーよりも視線を動かしていないことが明らかとなりました。

”esports science”の研究を始めたわけ

(はじめにことわっておきますが、”esports science” という研究分野は正式には未だありません。自分の研究内容にぴったりな名称がなかったので、私が勝手に命名しました。)

世間では「ゲーム障害」などのネガティブな側面が話題になりがちです。それゆえ"eスポーツ"だったり"プロゲーマー"が敬遠されたら残念だなって思っていました。実際、esportsに関する研究は、"Medicine"や"Health Professions"などの「ゲーム障害」を扱う研究が多く、「プロゲーマーのスゴさ」などのポジティブな側面に関する研究はごく少数です。

画像1

そこで私が"eスポーツ"だったり"プロゲーマー"のポジティブな側面を研究してやろうじゃないかって思ったわけです。これが”esports science” の研究を始めた、私の原点です。

Rush Gaming との出会い

研究がある程度進んだ頃、私はこう思いました。「この研究、自己満足で終わっていないか」と。研究発表の場での発表とツイートで確かに多少はみんなには知ってもらうことが出来たけど、肝心なプロゲーマーには届いていないな、とそのとき気づきました。

そこで私はプロゲーミングチームに声をかけて、研究成果を伝えるとともに共同研究の誘いをしようと思い立ちました。そして一人目に声をかけたのが麗さんでした。私が慶應義塾大学の後輩であったこともあって、話を聞いていただけることになり、研究発表をするためにRushベースを訪問しました。

麗さんの感想がこちら

べた褒めされたので再び一晩中ニコニコしていました。そんなこんなでRush Gaming とのお付き合いが始まり、eスポーツアナリスト兼チームサポートマネージャーとしてRush Gaming 及び Wekids Inc. に携わらせていただくことになりました。

eスポーツアナリストってなにするの?

私のeスポーツアナリストとしての役割は、CoD, PUBG部門共通の戦略を立て、戦力強化に向けた施策を設計・実行・評価することです。ある程度の成果が出るまでは非公開ですが、「日本のプロゲーミングチームが世界で競合できるように」することが麗さんと私の共通目的なので、成果が出れば Rush Gaming の公式チャンネルで公開していく予定です。

とはいえせっかくなので少しだけ紹介すると、まず第一に、選手選考の基準を大きく変える予定です。これは日本のゲーミングチーム初の試みです。いや、恐らく世界初。これからの Rush Gaming にご期待ください🔥

チームサポートマネージャーってなにするの?

チームサポートマネージャーとしての役割は、CoDコーチ:ストーリー先生の翻訳をしたり、CoD, PUBGのアプデ情報を翻訳したりと、要は翻訳です(笑)。あとはスポンサー企業とのあれこれをサポートします。自分に出来ることを Rush Gaming へ捧げます🔥

さいごに

これからちょいちょいRush Gaming 公式チャンネルにも出演することになるとは思いますが、Rushファンの皆さん、どうぞよろしくお願いいたします。

Twitterのフォロー、リツイート、いいね、感謝します。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

研究活動に使わせていただきます。感謝します。

29
慶應義塾大学SFC || esports Analyst / Researcher for Rush Gaming || ex-日本薬理評価機構Jr.Researcher

こちらでもピックアップされています

歪曲 esports
歪曲 esports
  • 1840本

Esports 関連の話題で、幅広い読者に読まれてほしい記事を収集したマガジンです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。