新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

イジリマオ自己紹介

イジリマオ

はじめまして、イジリマオです。

今回が初めてのnote投稿になるので、自己紹介をしたいと思います。


鹿児島県で育ち、広島県の中高を出て、東京在住です。


好きなことは、海外旅行とグルメ活動、おしゃれをすること。

得意なことは、合コンです。



普通の田舎の小学校を出て、少し変わった広島三育学院中学と高校を出て、看護のバリキャリみたいな聖路加国際大学に入りました。


大学入学が、私の人生のターニングポイントの一つだったように感じます。


小さいころからずっと、医者になるものだと思って生きていました。

しかし、ぶつかった受験と進路という名の壁に悩まされました。

そこで私は、いろいろと御託を並べながら、あれよあれよと看護の道を選んだのです。

すっごく正直に言えば、浪人したくない気持ちもあったのだと思います。

なんだかんだで大学受験に成功し、入学をキメました。


そして、大学に入ってたくさんの優秀な友人と出会い楽しく過ごす一方で、「私はダメじゃないけどすごく優秀でもない」という現実を突きつけられました。

何度課題を再提出したことでしょう。

何度友人にレジュメを見せていただいたことでしょう。

周りの人々に助けられながら卒業し、晴れて看護師として働き始めたわけですが、私は次の困難に出会います。

それは、「私、看護師の仕事好きじゃない」というあまりにも大きく深い問題でした。

それでも2年は続けようと思い、汗と涙をたらしながら耐え忍び、卒業したわけです。


さぁ、次になにをしよう!そうだ、ワーホリ行こう!

なんて気楽に思っていたところでやってきた新型コロナ!!COVID-19!!

というわけで、仕事も家も(寮だったから)失った私は12年ぶりに、実家の鹿児島県に帰ったわけです。


ここが次のターニングポイントだったのではないでしょうか。


運転が下手なので、徒歩でいける病院に就職しました。

これが小児科との運命の出会いだったのです。

これまでこどもと触れ合って生きてこなかったので、かわいいとは思うものの遊ぶとかよくわかりませんでした。

なのに、仕事として医学的に捉えて観察すると・・・

こども、楽しい!かわいい!!おもろい!!!

となったわけです。つまり、仕事が楽しかったです。


小児科で働くと必ず、虐待という話題は出てきますし、意識が向きます。

虐待と貧困と中絶と性教育の関連に気付いたわけです。

そして、なにかしら知識をいれなくては!と思い、「おうち性教育」という漫画本を本屋でなんとなく購入しました。

私の性教育への道は、この日からはじまっていたのかもしれません。


小児周辺の公衆衛生に興味があるということに気づき、特に貧困周辺に興味がわきました。その派生で、性教育の充足が今の日本に必要であると気づきました。

もうその勢いのまま教授にメールし、大学院進学のための教授面談を申し込みました。。

2020年のクリスマスに面談したらそのまま後期受験することになって、次の日に職場に退職するかもしれないことを伝える流れになったのです。

優しい職場の皆さん、いきなり退職して恩返しできなくてごめんなさい。

本当に、ごめんなさい!!

これから先、恩返しできるように何かします。


勢いが鬼すぎて、私もついていけなかったけどとりあえず勉強を開始しました。


で、大学院合格~!

おめでとうアタシ。



大学院の勉強に忙殺されながらも、性教育したい!という気持ちはメキメキ膨れ上がり、とりあえず受胎調節実地指導員を取得しました。

そして、大学院の研究の他に、性教育に関する活動をなにか始めれないかと模索してはじめたことが

・Playrie inc.加入

・Twitter顔出しで情報発信

・Instagramで情報発信

・今日からnote

てなわけです。


長々話してきましたが、つまり私が何をしたいかというと、

「性教育に変化をもたらして、性犯罪をなくしたい」

「それぞれが、それぞれらしく過ごせる文化を作りたい」

の二大巨塔です。


今、日本では性教育者という仕事がありません。

副業やボランティアでしている人はいても、メインの職業という人はほとんどいないでしょう。

産婦人科医や助産師で活動しているという人は、多く見かけます。

私は、性教育でご飯が食べていけるようになりたいです。

社会に必要なものだと認められて、社会の当たり前にしていきたいです。

あらゆる人が、自分のことを好きでいれる社会になるといいなと本気で思うんです。

だからまず、自分の性を好きになれる社会を作ってみます。

そんな目標の実現のために、Playrieにいます。

出会えた少し変な仲間達と一緒に、少しずつ実現していこうとしています。



性教育は性犯罪の抑止につながるだけでなく、中絶や貧困、若者の健康に関わっています。

このことに気付いた私にはきっと、性にまつわる悪循環を止める義務があります。

そして、情熱があります。

応援していただけると嬉しいです。


今日からnoteでも、よろしくお願いいたします。


イジリマオ

Instagramはコチラ

Playrie inc. HPはコチラ


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
イジリマオ