競馬セブン待望 2021皐月賞の有力馬情報

桜花賞は無敗馬の勝利で終わりました。皐月賞は一体どうなるのでしょうか。

1番人気が想定されているエフフォーリアは共同通信杯を含む3戦3勝の無敗です。この馬の他にも無敗の馬はグラティアスがいます。エフフォーリアは活躍馬をたくさん送り出しているエピファネイアの産駒です。騎乗するのは横山武騎手なので、ここを勝てば一気に今以上の地位を確保できるでしょう。GIで1番人気の馬に乗れる機会はそう多くはありませんし、特にGI未勝利の騎手であれば尚更です。

2番人気は恐らくダノンザキッドが推されるでしょう。デビューから負けなしでGIのホープフルSを勝ちましたが、年明け初戦のディープインパクト記念弥生賞は3着。巻き返しがなるかもしれません。実際皐月賞と同じ中山芝2000mのGIレースを勝っているのは大きな強みですね。ジャスタウェイ産駒で、母父はダンシリという血統です。

他には重賞出走経験はありませんがすみれSで強いところを見せたディープモンスターからも目が離せません。エリカ賞ではアドマイヤハダルに敗れているものの、それ以外は全勝です。

となると、アドマイヤハダルにも注目しなくてはなりませんし、ヴィクティファルスも怖い存在です。ヴィクティファルスはハーツクライの産駒で、母父はガリレオという血統。共同通信杯の2着以外はすべて勝利していて、唯一敗れたのは1番人気が想定されるエフフォーリアです。

他の強豪馬といえば、昨年暮れの朝日杯フューチュリティSで3着に入ったレッドベルオーブ。父はディープインパクト、母父はUnbridled'sSongですから、いかにもスピードがありそうな馬ですね。スピードが生きる馬場になれば十分可能性もあるかもしれません。

ただマイルしか使ったことがありませんし、もしかすると距離が…という可能性もあるでしょうね。そういった考え方もあるため、意外と単勝オッズがつくと思います。賢く買えば儲けるチャンスかもしれませんね。

そしてきさらぎ賞でヨーホーレイクを破ったラーゴムも注意しなくてはなりませんし、ホープフルSの3着馬ヨーホーレイクからも目が離せません。そしてディープインパクト記念弥生賞でダノンザキッドを破って勝利したタイトルホルダーは父が皐月賞を勝ったドゥラメンテなので注意したいです。

今年の皐月賞はどうなるのか!昨年はコントレイルという三冠馬が誕生し、皐月賞でも衝撃のレースを見せました。2年連続で三冠馬が出る可能性はかなり低いですが、とにかく楽しい一戦を期待したいところです。

関連記事:よく当たると噂の、競馬セブン(七騎の会)のポリシーって本当?

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
競馬セブンについて、特徴などをまとめてみました。