こもりあやみ

あやみのアーカイブ。制服の絵や街と人の絵を描いています。神戸のマガジンを連載中。 twitter→ayami_setron

こもりあやみ

あやみのアーカイブ。制服の絵や街と人の絵を描いています。神戸のマガジンを連載中。 twitter→ayami_setron

マガジン

  • 神戸を歩くマガジン STAY KOBE

    街と人の絵を描くイラスト作家・こもりあやみが「色々あって神戸に住むのは難しいけど、それでも時間さえあれば神戸を歩きたい」という気持ちで始めたnoteマガジン「STAY KOBE」です。神戸にいる人、神戸にいた人、神戸に行きたいけど行けない人に「今の神戸」をお届けします。(不定期更新)

神戸を歩くマガジン STAY KOBE

街と人の絵を描くイラスト作家・こもりあやみが「色々あって神戸に住むのは難しいけど、それでも時間さえあれば神戸を歩きたい」という気持ちで始めたnoteマガジン「STAY KOBE」です。神戸にいる人、神戸にいた人、神戸に行きたいけど行けない人に「今の神戸」をお届けします。(不定期更新)

すべて見る
  • 26本

STAY KOBE《26》舞子多聞線とビデオ合衆国

「USV、ついに神戸から消失」 年明け早々に「え?」と目を疑うようなニュースが。 USVとは「ビデオ合衆国」のこと。 またの名を「ビデガ」。 ひとことで言えばTSUTAYAやゲオのようなレンタルビデオ店……なのですが、その立地はかなり限定されていて、神戸や播磨地域の人(あと東海地方)じゃないと通じない超ローカルなチェーン店です。 何かの冗談としか思えないこの看板も時代の流れで少しずつ消えていき、神戸市内で最後に残ったのは垂水区の「USV多聞店」。 そしてその多聞店が1

スキ
19

STAY KOBE《25》甲南山手と摂津本山

神戸市の西側にある垂水区出身のわたしにとって東灘はまだまだ謎の場所。 岡本あたりはカフェや雑貨めぐりで何度か行ったし、御影もいろいろ縁があるのですがそれ以外はほとんど行ったことがありませんでした。 ということで。 今回は神戸の駅としてはもっとも東側にあるJR甲南山手駅周辺を中心に、本山と呼ばれるエリアをぶらぶら歩きます。 スタートはここ、JR甲南山手駅から。 ここで降りるのは実は初めて。 山側を歩くその前に、甲南山手のシンボルを見ておきましょう。 JRの車窓から看板が見

スキ
20

STAY KOBE《24》西代と高速長田を歩く

今回は長田区の真ん中あたり。 長田区の海側の駒ヶ林方面は第18回をどうぞ。 山陽西代駅からのスタートです。 ここでも鉄道28号がお出迎え。 昼ごはんはこちらの「KOBEたこ焼き 蛸松」さんです。 といっても普通のたこ焼き屋さんというわけではなく。 看板商品で「KOBEソース」というのがあって、神戸市内のソースを独自にブレンドしたものがあるんだそうです。 オリバー・ばら・ブラザーは分かるけど他は初めて見る名前。アサヒ?ニッポン?プリンセス? まだまだ知らないことばかり。

スキ
23

STAY KOBE《23》元町・三宮で本屋めぐり

神戸は本屋めぐりができる街です。 本屋というと、かつて賑わった海文堂書店のような老舗を思い浮かべる人も多いかもしれませんね。海文堂さんは惜しまれつつ2013年に閉店しました。本屋を取り巻く状況はここ10年で大きく変わっています。 でも新進気鋭のお店もいくつかあるんです。神戸は今も「本の街」。 ということで今回は神戸の中心である元町と三宮の本屋さんをピックアップして紹介します。 すべて駅から徒歩圏内なのでよかったら立ち寄ってみてください。 ①1003「センサン」と読む本屋さん

スキ
46