昼田 柊平

東京の大学職員。書くことが好きです。気絶したように寝ている、平成3年生まれ。なぜか自動ドアに認識されません。 #世田谷散文project

等々力のおしゃれすぎないワンルーム

朝早く、引越しのトラックを見送った。 僕は管理人さんに鍵を渡し、トラックを追いかけるようにして電車に乗り込む。 この駅を使うのはもう最後かなあと、切なくなる。 …

想像力は未来だ、人への思いやりだ

引っ越しの前日。 僕は暗闇の中でうずくまっていた。 夜になって電気をつけようと思ったら、つかない。 分電盤とやらを触ってみるが、うんともすんとも。 慌てて管理人さ…

200人に1人の不運で、僕は寮を出る

200人に1人の不運を引き当て、職員寮を出ていくことになった。 僕の勤務先である大学があてがってくれた寮は「そんなうまい話があるもんか」と言いたくなるくらい、うまい…

僕について

昼田 柊平(ひるだ しゅうへい) 1991年7月25日生まれ AB型 出身は神戸市 今は東京都世田谷区の古いマンション在住 都内の私立大学職員 文学部担当 できればずっと寝てい…