見出し画像

“旧くなった事業”を進展させる第一歩、スタート|事業再構築コース#1

SETA COLOR

こんにちは、「ネイバースクールSETAGAYA」の事業再構築コースを担当している高橋秀紀(通称:ヒデさん)です。中小企業の経営改革・再建、事業承継コンサルティングなど多面的に中小企業の経営に関わっています。

高橋秀紀|Mindful Partners株式会社 Stage Upコンサルタント(当記事の筆者)

さて、2022年8月、SETA COLORから生まれた世田谷発のインキュベーションプログラム「ネイバースクールSETAGAYA」がスタートしました。

事業再構築の支援を、地元世田谷区の事業者向けにすることが夢だっただけに、会場に集まってくれた参加者のみなさんを目にした瞬間は、本当に感無量で、こみあげるものがありました。改めてこのような機会をいただいた参加者のみなさん、世田谷区のみなさん、そして運営事務局のみんなへの感謝の気持ちでいっぱいです。

これから12月まで、このマガジンでは私が担当する事業再構築コースの様子をブログ形式で発信していこうと思っています。よろしくお願いします!

🚩

最良の道は、何度もアウトプットを繰り返すこと

第1期の事業再構築コースに参加するのは、全部で8事業者。約4ヵ月(8月~12月)全10回のプログラムの中で、「旧くなった事業を新しい事業へ進展させる道筋」を描き、事業の再成長を目指していきます

参加者同士、講師、運営事務局などからたくさんの意見をもらい、新たな気付きや着想を得ながら、自身の事業構想を繰り返し磨いていく。このインプットとアウトプットを何度も繰り返していくことが、私は事業ブラッシュアップの最良の道だと考えています。

それぞれの事業を軸に、互いの得意領域を行き来し支え合う「ネイバーフッド」な関係性を構築することで、参加事業者をエンパワメントする。

https://setacolor.tokyo/

これは、SETA COLORの根本的な想いであり、SETA COLORから生まれたネイバースクールも同じ設計思想で企画されています。

ネイバースクールでは、きれいに整ったスライドで発表をしたり、キレのあるかっこいいプレゼンをしたりするよりも、「今こんな悩みがある」「この部分が苦手でどうすればいいか分からない」といったような「自分の弱み」を安心して表に出すことができる環境・関係性が大事だと思っています。これは参加者のみならず、関係者も含めての話です。

しかし……初回の立ち上がりということもあり、参加者のみなさんの表情はカチコチ、とても気楽とはほど遠い状態。そこで、スケジュールを微調整し、早い段階で自己紹介と意見交換をする時間に。これから回を追って、安心して気楽にまじめな話ができる場に育てていきたいと思います。

他者の視点から自分の事業を見る

自己紹介で徐々に気楽な雰囲気が出来上がったところで、次は以下の視点で各参加者から現時点での事業構想の発表を行いました。

  • 現在の事業定義(どんな人に、何を買ってもらっているか? ex.今の自分は○○屋さんです)

  • 目指したい事業の定義(こんな人に、何を買って欲しいのか? ex.目指す自分は○○屋さんです)

  • 上記の理由(事業再構築を通じて解決したいこと、自身の根源的な想い)

各自事前に用意した資料をもとに、それぞれ5分程度で発表してもらう予定でしたが、みなさんの伝えたい想いが強く、目論見は大きく外れ、大幅に時間が押してしまう状況に。

この結果を受けて、限られた時間であっても、しっかりと想いを伝えきれるようになる、あるいは伝えられたという手ごたえを感じられるようになる、というレベルまで事業構想を磨くことができるプログラムにしていきたいと思いました。

🚩

以下は、プレゼンのダイジェスト版です。参加者の紹介とおおまかな事業再構築の方向性を記してみましたので、この記事をご覧になっている読者のみなさん、応援をよろしくお願いします。

■株式会社なかむら商会 中村さん
三軒茶屋と狛江市の和泉多摩川の2拠点でシェアキッチンを経営しています。今回は1号店の三軒茶屋で、行政や大学などを巻き込んだ飲食店経営の新しいインキュベーションモデルの構築を目指していきます。

■三軒茶屋おかきあられ大黒屋 浅沼さん
三軒茶屋キャロットタワー地下1階の東急スーパーの一角でおかきや煎餅の販売を行っている創業100年以上の老舗企業です。おかきや煎餅を活かした新しい事業の創造にチャレンジしていきます。

■JUNKAN 神林さん
三軒茶屋を中心に活躍しているパーソナルトレーナー。身体のトレーニングから派生して、「食」や「空間整理」など活動の幅を広げています。改めて目指す事業の再定義を行うことでサービスの再構築を行い、クライアントに提供する価値の飛躍を目指していきます。

■あーゆる合同会社 海老根さん
世田谷区宇名根で知的障がい者向けのグループホームを運営。もともとの目的であった「障がい者の雇用の創出」に加えて、障がい者であっても「正当な雇用報酬」を得られる社会をつくることで、障がい者と一緒に「笑顔を増やしていく」ことを目指していきます。

■石川湯 石川さん
世田谷区銭湯組合を代表して下北沢で90年の歴史を積み重ねてきた石川湯さん。銭湯の価値は「癒し」と定義し、この「癒し」をベースに事業の見直しを実施。新たな銭湯のカタチを見出し、世田谷区の銭湯事業者全体を盛り上げていくことを目指していきます。

■NPO法人こころのおしゃべり工房 中井さん
世田谷区上馬で音楽療法を通じて、障がい者向けの発達支援と癒しを提供しています。障がい者や保護者が時間や場所にとらわれずにサービスを受けられる「居場所づくり」と「事業化」という難題に強い想いをもって挑戦します。

■ウェディングプランナー 佐藤さん
これまでは海外ウェディングや外資系ホテルウェディングの企画に携わってきた佐藤さん。写真撮影を中心に、世田谷の環境と事業者の連携による新しいウェディングのカタチを模索、個人事業主という個性を活かした等身大のウェディングサービスの構築を目指していきます。

■どらやき専門店どら寿庵 中島さん
大手ITベンダーのSEとして活躍後、一念発起して世田谷区上馬にどら焼き専門店を開業。「あんこを食べる文化を残したい」を信念に、特別感のある商品やお店づくりを行い、自店の成長だけではなく、若者が和菓子店を開業しやすくなるモデルづくりも目指していきます。

以上のように、事業再構築のカタチは各事業者で各様です。

各事業者ごとに事業を再構築していくのであれば、本プログラムのようにグループで考えるよりも各事業者ごとに個別に検討すればいいのでは?という意見もありそうです。
しかし、ひとりで考えてもなかなか新しい発想が生まれない……というのが現実なのではないでしょうか。

グループで考える意義は、様々な立ち位置の人と接点を持つことで、これまでとは違った立ち位置・視点から物事を考えやすくなること。そして、そこから新たな着想や発想が生まれる可能性が高いということです。

この異質な関係からの学びが、参加者のみなさんにお届けしたい最初の“エンパワメント”なのです。

次回もお楽しみに!

文=高橋秀紀(ネイバースクールSETAGAYA・事業再構築コース ディレクター)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
SETA COLOR
SETA COLOR(せたカラー)は、世田谷に拠点を置く事業者の挑戦を、補助金+専門家+ネットワークでサポートし、事業の成長を支援するプログラムです。(実施:世田谷区、運営:三茶WORK) https://setacolor.tokyo/